歴史

生涯現役で連戦連勝の『立花道雪』は、愛刀「雷切」を持つ雷神の化身。

立花道雪は時代を代表する名将である。九州地方にも名将は多いが、KOEIの信長の野望シリーズで特にパラメータが高いのは島津一族と立花親子である。

常に配下に欲しいと思いつつプレイするが、流石に常に信長でプレイする私の場合、北九州まで行くのは時間を要する。また九州に到達する頃には寝てても統一が可能なほど圧倒的になっているため、やっとの思いで配下にした頃にはいつもマンネリしてしまっている。

もちろん配下に出来た時は満足感があり、嬉しいのだが出来れば尾張一国の時から配下にほしい名将中の名将である。

 

略伝

立花 道雪(たちばな どうせつ、1513年4月22日~1585年11月2日、享年:73歳)は別名を戸次鑑連、親守、親廉と言う。通称は伯耆守、紀伊入道、丹後入道、渾名は鬼道雪、雷神である。戦国時代から安土桃山時代に活躍した名称である。

生まれは豊後(大分県 豊後大野市 大野町)の国。官位は左衛門大夫、紀伊守、伯耆守、丹後守、主君は大友義鑑→宗麟(義鎮)で藤原北家の流れをくむ豊後の戦国大名・大友氏の家臣で大友家の三宿老(他は臼杵鑑速、吉弘鑑理)に数えられる有力な家臣である。生前、本人は立花姓は名乗っておらず、戸次(べっき)姓を用いていた。

北九州各地を転戦し、その勇猛さは諸国に知れ渡っていた。1526年、初陣し家督を継いだ。1550年に二階崩れの変で宗麟を支持し信頼を得る。1557年、毛利氏との対立が本格化し度々争うようになる。1568年に立花城を陥落させる。1569年、多々良浜の戦い、娘で有名な誾千代が生誕。1585年に陣中にて発病し同年11月2日に73歳で陣没した。

 

功績とエピソード

①幼少期
立花道雪は、大友氏に仕えていた戸次親家の次男として生誕するも、長男が早逝したために、後に嫡男となった。

父も病弱であったため、道雪は元服前の14歳で父の名代として初陣を果たす。2,000の兵を率いて、敵将5,000に勝利し、大内義隆より和睦を引き出すことに成功。あわせて、敵将を生け捕りで捕縛したことにより、大友義鑑から賞賛されたと言う。

初陣直後に父が死去し、元服し、家督を継ぐ。家督相続後は、主君・大友義鑑に仕え、一字を賜り戸次鑑連と名乗る。※以降、本人は立花姓は名乗ってはいないが、ここでは便宜上、立花道雪の名を用いる。

②二階崩れの変
大友氏の家中を二分する家督相続争い(二階崩れの変)が勃発した。大友義鑑が嫡男・義鎮(宗麟)を廃嫡し、三男を後継者としようとしたことが発端となり、反発した義鎮派の家臣、田口蔵人介と津久見美作守が館の二階で就寝していた義鑑、三男、義鑑の側室である三男の生母を襲撃した。義鑑は瀕死の少々を負い、数日後に死去することになる。

そして、このお家騒動の際に道雪は、義鎮を支持して敵対した者を追放・討伐し、家督相続に尽力したことで、義鎮(宗麟)が当主になってからは、家臣団の筆頭として重用されることに繋がったのである。

③立花城を陥落させる
立花城は、足利尊氏の家臣であった大友貞宗の次男・貞載によって、1330年頃に立花山に築かれた山城である。貞載はその後、立花を名乗っている。立花城は「西の大友」と呼ばれ大友氏の軍事基地となり、その後、弟の宗匡が2代目城主として継承。

立花城主・立花鑑載が主家である大友氏に対して謀反を起こしたため、道雪は臼杵鑑速、吉弘鑑理らとともに立花城を攻略し、鑑載は敗死した。その後、今度は毛利氏の手に落ちていた立花城を攻め、城方を降伏させるという二回目の立花城攻めに成功したことで、宗麟により道雪は立花城の城督に任じられた。以降も実際には、立花姓が元々は主家筋のものであったこと(宗麟に謀反を起こした者の姓であるとの説もある)で道雪は宗麟に遠慮して、生涯戸次の姓まま過ごしており、立花で呼ばれるのは後世のことである。

尚、道雪は男児に恵まれなかったため、娘・誾千代に城督、城領、家財等の一切を譲り、高橋紹運の子・統虎(宗茂)を誾千代の婿に迎えて、立花家の家督を継がせている。

④毛利との因縁
毛利氏との戦いは実に10年以上にも及んでいた。
多々良浜の戦いにおいては、両軍が複数回交戦するも大友勢の苦戦は続いていたが毛利が誇る小早川、吉川の両川が率いる軍を退けている。戦中最大の合戦では、道雪自らが陣頭に立ち指揮を執り、突破口を開く。鉄砲を用いた後、槍隊を繰り出して突進するという戦法と、自らも騎馬隊を率いて敵中へ突撃する戦法で、毛利方の主力である小早川勢を撃破。

その後も大小合わせて18回にも及ぶ交戦が続くも決着はつかず、立花山城の兵糧が尽きかけていたため、城にいる大友方の守将達は宗麟の同意を得て開城。
その後、大内輝弘の乱、山中幸盛が尼子氏再興目的で出雲国へ侵攻したことにより、毛利氏は戦線を維持できなくなったことで撤退し、10年以上の長きに渡った毛利氏との筑前争奪戦はようやく終わりを告げた。

⑤戦場にて人生の幕を閉じる
宗麟は道雪の反対に耳を貸さずに日向侵攻を強行したが、耳川の戦いで島津氏に大敗を喫し、多くの有力家臣を失うことになる。この敗戦が引き金となり、大友氏の家臣筋からの謀反が相次いだ。道雪は、大友氏と敵対する勢力との戦に奔走し、筑後を守って戦っていたものの、高良山の陣中において病没した。

死の間際に道雪は、死後は自分の遺骸に甲冑を着せて、敵を見据えるように高良山に埋葬するようにと遺言を残した。しかし、道雪の遺体を戦地には残してはいけないという家臣たちの判断により、戦場から離され立花城下の寺に埋葬されることになった。

陣中で病没した道雪の亡骸を戦場から運び出す際にも、敵方である島津・秋月の兵達は名将の死を悼み、誰一人攻撃を加えることなく静かに見守ったというエピソードが残っている。

 

逸話、伝説、評価

①人柄
生涯37戦、37勝と言われる立花道雪は、特に毛利氏との抗争では重要な役割を果たした人物であると知られており、その人柄は、家臣を大切に思い、家臣から尊敬される人望のある人物であったと伝わっている。

そんな道雪は「勇将の下に弱卒無し(大将が強ければその下の兵士も弱いはずはない)」というという考え方の持ち主であったと言われており、逆に「兵が弱ければそれは上司の責任なので、兵自身は気にする必要はなし」と言った逸話も残っている。根底にこの考えを持っていたため、部下の出来不出来は自分の責任という意識が強く、思いやりある言動が多かったと伝わっている。

一方で、道雪は規律に関しては極めて厳格で、戦中に無断で実家に帰った部下に対しては苛烈な処罰を与えたという逸話も残っている。

②武田信玄からのファンレター
道雪の武勇は諸国にも轟いており、武田信玄も会いたいと望んだとの逸話もある。
「道雪樣へ武田信玄より名譽の御働を聞及ばれ御対面あり度しとの書状之あり、之は遍参僧持参なり」(『浅川聞書』)。

当時は、大分と山梨では遠すぎて簡単に面会できる距離ではなかったものの、わざわざ書状をしたためるほどのファンであったようである。

③宗麟との関係
道雪は、主君である宗麟に躊躇いなく諫言をしていたという逸話がいくつも残っている。ある時は、宗麟が凶暴な猿を手元に置き、猿が家臣に飛び掛るのが面白いと何度もけしかけていた。宗麟の連日の悪戯に家臣は辟易し、大変困り果てていたことを耳にした道雪は、宗麟の前へ出向いた。

案の定、宗麟が猿をけしかけてきたので、道雪はこれを鉄扇で叩き殺した。驚く宗麟に対して「人を弄べば徳を失い、物を弄べば志を失う」と道雪は諭したという逸話が残っている。

また、ある時は酒と女に溺れる宗麟を嘘の宴会で誘い出してまた説教。「たとえ折檻を受けても、主人の過ちを正すのが臣たる者の勤めである。我が身を恐れて自分さえよければ、他人はどうでもよいというのは卑怯である。自分の命は露ほども惜しくは無い。それより主人が世間の外聞を失う事が無念である」と述べて諫言した(『立花道雪覚書』)という記録も残っており、度々宗麟を窘めていたようである。

④雷神の化身、鬼道雪
戦国時代は縁起を担いだり、箔をつけるため神の化身と称される人物は幾人かいるが、道雪は、雷神の化身と称された人物である。

10代の頃、35歳の頃と諸説あるが、道雪は、故郷で昼寝をしていたところ、夕立を受けて、大木の下で雨宿りをしていた。その際に落雷し、愛刀を振りかざして、稲妻を一刀両断したという逸話が残っている。この影響により、一命はとりとめたものの、落雷の影響により下半身不随の後遺症が残ったとされている。

落雷にあっても助かったエピソードから「雷神の化身」と称されている。愛刀にもこれを機に雷切(雷切丸)の名称がつけられ、立花家の家宝として今日まで伝えられている。

また、半身不随になった後にも引退することなく、九州各地での戦に参戦し、合戦時には6人が担ぐ輿の上から指揮を執り、連戦連勝したことで「鬼道雪」とも称されている。

⑤勇将の下に弱卒なし
前述の通り、強敵との戦でも輿の上から指揮を執り、その名を馳せた立花道雪は常々口にしていた言葉があったという。それが「勇将の下に弱卒なし(ゆうしょうのもとにじゃくそつなし)」である。これは「弱い兵卒などいない。いるとすればそれは大将の責任である」という意味である。

⑥娘・誾千代と女婿・立花宗茂
道雪は男児に恵まれなかったため、娘・誾千代が相続し、婿の立花宗茂とともに立花家を跡を継いでいる。この宗茂は高橋紹運の嫡男で名を高橋統虎といい本来、高橋家の跡取りであったものの、宗茂の有能さを見込んだ道雪の熱烈な申し入れにより宗茂の父である紹運が根負けする形で婿に入ってもらった。

そしてこの紹運と宗茂も道雪に負けず劣らず名将である。紹運は後年、岩屋城の戦いで約2万人の精強な島津軍に対してわずか800人の城兵でおよそ2週間も持ちこたえた上、総攻撃を受けて討ち死にするという壮絶な最後を遂げている。

そして息子で道雪の養子となった立花宗茂(高橋紹運)は豊臣秀吉に忠義、武勇ともに九州随一と称され、西国一と謳われた名将である。実父、養父ともに戦国を代表する名将であったが道雪の養子となった2年後に道雪が亡くなり、その2年後に実父も討ち死にしてしまう。

宗茂は九州で隆盛を誇った島津に手痛い打撃を与えるなどして勇名を馳せて秀吉に大名に取り立てられた。朝鮮出兵では寡兵で包囲されていた加藤清正を救出するなど戦上手であった。このように道雪の見込んだ通り、後に徳川幕府でも重用されることになる優秀な宗茂ではあるが、誾千代とはそりが合わなかったようで道雪の死後程なくして、二人は別居したと言われている。

 

さいごに

小さいものも含めると100戦以上して無敗と言われた道雪はまさに雷神の化身のようであった。毛利という強力な隣国があった為に大友家の筆頭家臣であった道雪は毛利に備えるため北から動けなかったようだ。

このことで宗麟を諫める者が近くにおらず大友家の弱体化を招いたともいわれている。道雪は家臣を信じて褒めることで勇士を育てていたという。

道雪の名は「道に積もった雪は動かずに消える」という意味であった。これは主家に対して変わらぬ忠誠を尽くした道雪の生涯を現しているようだ。

-歴史