漫画

【ゲームの世界にダイブ】漫画『その冒険者、取り扱い注意。』の話。

転生でも転移でもなく、いつも通り終電で帰宅し、VRモードでゲームにログインした筈が、いつもと違う表示がされ気づくとゲーム内に。姿はゲーム内で作成した分身である黒の王で眼前にはチートな配下がズラリ。

魔導王という名称や状況、配下のチート具合などオーバーロードと共通点がある作品。配下一人一人に序列NOがあったり、配下一人一人が各種族の王的な存在だったりと面白そうな要素が満載な内容です。

単行本は2巻しか出ていませんが、続きが気になる作品の1つです。

『その冒険者、取り扱い注意。 ~正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王~』をご紹介いたします。

 

 

あらすじ

主人公は忙しく働く会社員。いつも通り帰宅してゲームを始めたはずが、気づくとゲーム内だった。ゲーム内の自分の分身である「黒の王』として無敵の配下と居城「天空城」を率いていく。同時に新人冒険者となり、冒険生活を楽しむことに。新人冒険者用の仮の姿を作り、チートな配下を遠ざけて冒険を楽しむ主人公。どこにでもいる新人冒険者のはずが、チートな部下のお節介や強敵の出現で正体に気づくものが現れ「その冒険者、取り扱い注意。」となり・・・。

 

 

おすすめポイント

チート軍団
大好きなゲームで好みのキャラクターを育成しまくっているので、とにかく配下がチート揃い。例えば序列3位は鳳凰の力、序列4位は吸血鬼の真祖、序列7位はルシファー、序列8位は九尾の狐、序列9位はヨルムンガンド、序列5位の執事長は言葉で人間を強制的に平伏させるスキルを持ちます。(なんかオーバーロードにもあったような・・・)このようなチート軍団が黒の王である主人公に絶対忠誠を誓っているので向かう所敵なし状態です。

 

新人冒険者のふりをして探検
自身も配下もチートですが、新人冒険者のふりをして冒険をします。これもオーバーロードにある設定ですが、オーバーロードは名声を得る為に強さを出しまくっていきますが、本作はLv1から地道に頑張っていきます。

電子書籍版の2巻が2020年9月25日に発売されたばかりですが、なかなか楽しめる良作です。

 

その冒険者、取り扱い注意。 ~正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王~1巻の試し読みはコチラ

ご興味を持って頂けたらぜひ読んでみてください。

-漫画

Copyright© たいらblog , 2022 All Rights Reserved.