歴史

関羽像!曹操の墓!見どころ満載の特別展『三国志』2019に行ってきた話。

2019年7月9日(火)~2019年9月16日(月)の間で東京国立博物館にて三国志展が開催されていました。

私はたまたまファミリーマートで買い物した際にレジのモニター広告で開催を知り、「マジかよ!?行くしかないっ!!!」と行くことを決めました。
行ったのは2019年7月13日(土)なので開始してから最初の土曜日です。
めちゃくちゃインドアで移動と人混みが大嫌いな私としてはあり得ない迅速な行動です。

 

入り口、場外

■会場に入る前ののぼりに興奮してパシャリ。

■入り口と会場内の看板がかっこよくてパシャリ。

館内は撮影OKだったので撮影したのですが300枚ほど写真をとり、3周ほどしました。
その時、その時代にあったものが目の前にあると思うと感慨深くて感動がやばかったです。
もしからしたら劉備が触った、曹操がさわった、もしくは時代ははるかに違うけれど同じものを見ているかもしれない!?と思うと感動の連続でした。

開催期間が長かったので涼しくなったらもう一度行こうと思っていたのですが、仕事が多忙になり結局2度目は行けず・・・。

また開催してほしいですね。

 

グッズ売り場

出口に狙いすましたかのようにグッズ販売所があったのですが、私はガイド本の他、バッチやフィギュア等々で合計6万くらい使いました・・・。使いすぎたと思いますが後悔はしていませんよっ!!

■横山光輝先生の三国志がデザインされたマグネットバッチ 「孔明の罠だ」、「げぇ」などの名シーンを切り取ってあります。

 

■フィギュア 収集心を刺激するラインナップ

 

■武器 (鉄製のミニチュアで代表的な武器が数種類セットになったもの)。修学旅行で十手のキーホルダーやゴム製のヌンチャクを買うような勢いで買ってしまった。

 

特に印象的だった展示物

展示物で特に印象的だったのは次の3つです。

①関羽像 青銅製で明代の15~16世紀

 

②孔明の10万本の矢の再現

 

③曹操のお墓の再現

上記の3つです。

 

概要

日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」/平成館 特別展示室

【期間】2019年7月9日(火) ~ 2019年9月16日(月祝)
【会場】 東京国立博物館 平成館(上野公園)
【開館時間】 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで。ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで開館)

本展は、「リアル三国志」を合言葉に、漢から三国の時代の文物を最新の成果によって読み解きます。2世紀末、漢王朝の権威がかげりをみせるなか、各地の有力武将が次々に歴史の表舞台へと躍り出ました。そうして魏、蜀、呉の三国が天下を分かち、新時代へと向かう大きなうねりとなりました。近年、三国志をめぐる研究は曹操高陵(そうそうこうりょう)の発掘など空前の活況を呈しています。それらは実物ならではの説得力と、歴史書や物語をしのぐ迫力があります。

内容は章仕立てになっており各章と見どころは下記のとおり。
プロローグ 伝説のなかの三国志
第一章 曹操・劉備・孫権―英傑たちのルーツ
第二章 漢王朝の光と影
第三章 魏・蜀・呉―三国の鼎立
第四章 三国歴訪
第五章 曹操高陵と三国大墓
エピローグ 三国の終焉―天下は誰の手に

出典 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

NHK 人形劇 三国志で使用された人形たち

総合テレビで1982年10月2日~1984年3月24日、土曜18:00~18:45にて68回放送された人形劇。
三国志演義(立間祥介訳)をモチーフに魏呉蜀三国の攻防を描いた作品。
作中に登場する人形は川本喜八郎が極めた人形造形。番組終了までに500体の人形を制作。

■曹操

■劉備

■孫権

■諸葛亮

■孟獲

■諸葛亮と孟獲

■甘寧

■曹丕

■献帝

■曹植

 

なぜか展示がなかった関羽、張飛、趙雲

 

関羽、張飛、趙雲

 

趙雲像
清時代・17~18世紀
安徽省亳州市花劇楼伝来
亳州市博物館蔵
曹操の襲撃を受け、逃げ遅れた劉備の子・阿斗を懐に抱いて疾駆する。『三国志演義』屈指の名場面で趙雲最大の見せ場、長坂での姿。

 

名場面を描いた絵

 

関帝廟壁画(かんていびょうへきが)
「張飛ちょうひ、督郵とくゆうを鞭むち打う つ」の部分
清時代・18世紀 内モンゴル自治区フフホト市清水河県水門塔伏龍寺伝来
内蒙古博物院蔵
私利私欲にまみれた役人・督郵に張飛の怒りが爆発。『三国志演義』の有名な一幕を鮮やかな色彩で描く本作は、関帝廟の堂内壁画として描かれていたもの。

 

 

横山光輝三国志の名場面

 

蛇矛

蛇矛(じゃぼう)
石寨山文化期・前2世紀
1956年、雲南省昆明市石寨山3号墓出土
雲南省博物館蔵
張飛が生きた時代の「蛇矛」はまだ発見されていない。しかし本品のように紀元前2世紀頃の実例は存在し、文献記録では4世紀頃の蛇矛の記述がある。

「蛇矛」のレプリカ。近くにKOEIの三国無双のパネルがありました。

 

騎兵が守る豪華な車列

儀仗俑(ぎじょうよう)
青銅製
後漢時代・2~3世紀
1969年、甘粛省武威市雷台墓出土
甘粛省博物館蔵
騎兵や車馬などからなる儀仗行列。墓主は、後漢末期に漢王朝を揺るがした董卓配下の有力武将であった可能性もある。

 

 

曹休印
三国時代(魏)・3世紀
2009年、河南省洛陽市孟津県曹休墓出土
洛陽市文物考古研究院蔵
魏の将軍・曹休は曹操の甥にあたる。十代の頃に父と死別したが、曹操は「我が家の千里の駒である」と言って、我が子同然に可愛がった。『三国志』の登場人物の名を刻んだ印章はこの「曹休」印が唯一の出土例。

 

重要な文化財たち

倉天磚(そうてんせん)
後漢時代・2世紀
1976~77年、安徽省亳州市元宝坑1号墓出土
中国国家博物館蔵
「倉天乃死(蒼天すなわち死す)」を含む3行の銘文を刻む。184年、後漢末期の混乱のなかで発生した黄巾の乱の合言葉「蒼天すでに死す、黄天まさに立つべし」を彷彿とさせる。

 

貨客船(かきゃくせん)
後漢~三国時代(呉)・3世紀
2010年、広西チワン族自治区貴港市梁君垌14号墓出土
広西文物保護与考古研究所蔵
漢から三国時代にかけて、呉の沿岸部の墓では船形模型が集中的に出土する。対外交易がさかんだった海洋国家・呉ならではの文物である。

 

 

虎形棺座(とらがたかんざ)
石製
三国時代(呉)・3世紀
2006年、江蘇省南京市江寧区上坊一号墓出土
南京市博物総館蔵
棺ひつぎをのせるための台座を虎形にすることで、埋葬者の強大な権力を誇示しようとしたのだろうか。上坊じょうぼう一号墓は呉の墓では最大規模を誇り、副葬品や墓の作りも当代随一であることから、呉の皇族級の人物が葬られたと推測される。

 

豹(ひょう)一級文物
前漢時代・前2世紀 1968年、河北省保定市満城区中山靖王劉勝夫婦墓出土
河北博物院蔵
蜀の劉備は、前漢6代皇帝の景帝の子である中山靖王劉勝を始祖とした。1968年、この劉勝夫婦の墓が河北省で発掘された。豪華な出土品は皇室劉氏の圧倒的な富と権力を象徴する。

 

 

さいごに

まだまだありますが人がハッキリ写っていたり、見づらかったりなので割愛します。

3周し終わってグッズを買いあさり、外に出ようとすると雨が降っていました。1階の端にあるカフェ風のところで珈琲と甘いものを食べつつ休憩。

1時間ほど休憩しましたがやまなかったのでグッズをが雨に濡れないように趙雲が阿斗を守ったように覆いかぶさりながらダッシュし、タクシーで帰宅しました。

仮に次の土日で開催されたらまた同じくらいの額をグッズに費やしてしまいそうです。

生きているうちに行ける範囲の場所でまた三国志展があると嬉しいですね。

-歴史

Copyright© たいらblog , 2022 All Rights Reserved.