歴史

三成に過ぎたる者『島清興』は、時代を代表する有能な右腕。

島清興、島勝猛、島左近と呼び名があるが、個人的には島左近という呼び名が一番有名ではないだろうかと思う。「北斗の拳」の作者である原哲夫さんの漫画「影武者徳川家康」、「影武者徳川家康外伝 SAKON-戦国風雲録-」 の影響が大きい。

またKOEIの歴史シュミレーションゲーム「信長の野望」をプレイする際も優先的に配下にする武将である。努力家で事務能力に優れた石田三成の軍事面を支えた島清興をご紹介したい。

 

略伝

島清興(嶋清興、しま きよおき、1540年6月9日~1600年10月21日、享年:61歳)は、別名を左近(通称)、勝猛、友之、清胤、昌仲といい、戦国時代~安土桃山時代に活躍した武将である。生誕地は奈良県生駒郡平群町周辺、没地は岐阜県関ケ原町である。主君は、畠山高政→筒井順政→順慶→定次→豊臣秀長→秀保→石田三成と変わっている。石田三成に三顧の礼をもって迎えられ破格の高禄を食む側近として仕え右腕として活躍した。有能な武将と評判であった割に記録が少ない謎多き武将。

1540年6月9日:生誕、大和国椿井城主、島豊前守の子として生まれる。その後、河内国守護、畠山高政に仕える。
1562年:畠山高政に従い、教興寺の戦に参陣するが敗北。
1571年:大和国郡山の筒井順慶に仕え、辰市の戦いに参陣。
1582年:織田信長が本能寺の変で倒れた後、主君の筒井順慶に秀吉方につくよう進言し、山崎の戦の後「伊賀国に1万石」を拝領。(諸説あり)
1584年:筒井順慶の死後、跡を継いだ筒井定次に仕える。
1588年:領内の用水問題から筒井定次に失望し、筒井家を出奔。(諸説あり)
1591年(1592年説あり):石田三成に家老として2万石で仕える。(1万5千石とも)
1598年:三成が加藤清正や福島正則から襲撃されるようになると、敵視している徳川家康の元へ逃げ込むという策を進言。
1600年10月21日(慶長5年9月15日):関ヶ原の戦い、没

(出典 Wikipedia)

 

功績とエピソード

①筒井氏
島清興は当初、河内の畠山高政に仕えており、畠山氏が没落してからは協調関係にあった筒井順慶に臣従したと伝わっている。当時の畿内では三好長慶が幕府の実権を掌握しており、筒井氏も長慶の家臣である松永久秀の猛威にさらされていた。
筒井方が久秀等を下して、本拠地である筒井城を奪還した辰市の戦いで、ようやく清興の名が史料上に現れているが、それ以前の確かな記録は見当たらない。

辰市の戦いも含めた数々の功績により筒井氏の重臣として名を連ねていた清興は、武功だけに留まらず内政面においても能力を発揮し、大和統一を果たした順慶を支え続けていたた。しかし、順慶が早逝したことで嫡男である定次が跡を継ぐとほどなく筒井家を離れ、流浪の身となるのであった。筒井家中を去った理由として、定次の寵臣であった中坊秀祐との対立、定次の水不足に対する裁定への不服、定次を見限った等諸説あるが、有力なものは以下の2つ、もしくは2つともである。

説1:水不足対策裁定への不服
水不足の夏に、定次の寵臣である秀祐が用水路をせき止めて自分の領地内の田に水が巡るようにしてしまったために、清興の領地の田には水が届かず、困った農民が陳情に訪れた。秀祐に用水路のせき止めをしないように依頼するも断られたために、新しい用水路を作って自分の領地の田に水が流れるように対応した。今度は、自分の領地の田に水が回ってこなくなった秀祐は、主君である定次に直訴し対処を求めたのであった。定次は秀祐の訴えを聞き入れ、清興に非があると裁定し、新しく作った用水路を壊すよう命じたのである。水不足自体は、その後の雨が降ったことで解消したものの、清興にとっては納得できない対応であったと伝わっている。

説2:尊敬できない主君への不満
定次は、取り巻きを優遇して公平な判断を行わないことに加え、色欲に溺れていたといわれている。清興ははじめは諫めていたものの、聞く耳を持たない様子が続いたため、見限ったといわれている。

 

②浪人時代
筒井家を去ったあとの島清興の消息もまた確かな記録がない。伊勢の蒲生氏に仕えた、は豊臣秀長・秀保父子に仕えたと伝わるが不明確である。やがて各地から是非ともと声がかかった中で、特に熱心に勧誘してきた石田三成に仕えることを決意することになるが、詳細の時期については明らかになっていない。

③石田三成への臣従
島清興が石田三成に仕える決め手は、以前の君主であった筒井定次と異なり、真面目な人柄を認めてという説もあるものの、清興が家臣となった経緯は有名である。当時、近江水口城の城主であった三成は、清興を取り立てるにあたり、数度に渡って懇願し、自身の知行4万石の半分の俸禄を掲げることを提示して承諾されたという。そこまでの熱意で迎え入れた三成に対して清興は、終生ブレーンとして仕えることになる。後に三成が出世してから清興の家禄を増やそうとした際にも辞退したと伝わっている。

臣従した時期が明らかではないため、三成は当時既に佐和山で19万石という高禄を貰っていたという説もあるものの、豊臣秀吉と光成の会話として、柴田勝家、豊臣秀吉の誘いも断ったにも関わらずどうして三成が各地から大人気の清興を召し抱えることができたのかというものがあり、その中で家禄の半分で家臣になってもらいました。別の説には「知行の全てを与えました。今では私が彼に養われています」というものも残っている。その折に秀吉は「三成に過ぎたるものが二つあり 島の左近に佐和山の城」と言ったとも伝わっている。

清興は三成の悪癖であったとされる「人を見かけで判断すること」や「己の価値観だけの好悪の感情で相手を判断する」ことをたしなめることも複数あったという。真面目な三成は、その度に我が身を振り返っていたようで、その様を見ていたためか清興はその後三成の苦境にあっても離れることなく、最期まで三成のもとで仕え続けていた。

④関ヶ原の戦い
島清興は、関ヶ原の前哨戦では、敵将である中村一栄と有馬豊率いる部隊を挑発し、両陣営の先鋒同士が杭瀬川で衝突。しばらく戦うと退却し始め、追撃しようとする敵を林に隠れていた清興の別働隊が銃撃し敗走させている。東軍に与えた損害こそ微々たるものではあったが、家康の進軍に動揺していた西軍の戦意を盛り立てることに一役買っている。

そして、翌日、両軍は関ヶ原の地で決戦にもつれこみます。清興は、参謀としてだけではなく自ら前線の指揮官であることを望み、戦場に屍をさらすことも厭わない猛将であったと伝わっている。「鬼左近」の仇名もついていた清興は、関ヶ原の決戦場で自ら最前線に立っている。清興軍と対峙するのは、数々の戦功を挙げてきた黒田長政であった。江戸時代に書かれた『常山紀談』によると「島清興昌仲、左の手に槍を取り、右の手に麾(さい)を執り、百人ばかり引具し、柵より出て過半柵際に残し、静に進みかかりけり」とあり、わずか100人にも満たない兵で長政の大群に突撃したとされている。

無謀に思える清興の突撃であるが「要地をとり、旗正々として少しも撓(たわ)まず…大音をあげて下知しける声、雷霆(らいてい)のごとく陣中に響き」と『黒田家譜』に残っているように大健闘であったのだとか。清興の勢いに正攻法では難しいと感じた長政軍は、側面からの銃撃を試み、清興軍には銃弾が降り注ぎ兵は次々と倒ていった。一弾が清興にも当たり、負傷した清興は落馬し味方の手によって柵の内側に運び込まれたという。応急処置だけ受けると清興は再び馬上の人となり、またもや敵陣に突撃。その後乱戦となった戦場で、消息が途絶えている。

 

 

逸話、評価

①出自
島氏は現在の奈良県生駒郡平群町周辺の土豪で、椿井城・西宮城を本拠にしていたという。島氏の出自は不明であるものの、藤原縁の一族であるともいわれている。また、清興の出身が対馬国という説もあるものの、奈良県生駒郡平群町の安養寺で「嶋佐近頭内儀」という人物の位牌が発見され、清興の母親であることが分かったために、現在では大和国出身であるという説が有力である。応仁の乱に際して、島氏は東軍の筒井氏につき、西軍と戦ったと記録にあり、この頃から筒井氏のもとで仕えていたようである。

②家康暗殺計画
嫡男の豊臣秀頼がまだ6歳であるにも関わらず、病に伏せることの増えた豊臣秀吉は将来を案じて、徳川家康等有力大名を五大老に、石田三成等行政能力に秀でた者を五奉行に任じ、秀頼への忠誠を誓わせている。

しかし、秀吉が死去すると、家康は着々と天下人となるべく根回しを進め、豊臣家を重要視する五奉行のひとりであった三成も加藤清正等から襲撃を受けて、行政から距離を置かざるを得ない状況となった。

日に日に権力を増していく家康に対して、清興は三成に家康を暗殺計画を持ち掛けるのであった。三成は、そのような卑怯なことはできないと退けるものの、清興の再三の説得に応じたため、清興は家康暗殺計画を周到に練るのであった。
計画は、家康が上杉景勝討伐へ向かう道中で宿泊する予定の近江国石部宿に800人の兵で夜襲を仕掛けるというもの。結局は、家康側に事前に察知され、出発を早めたことで空振りに終わってしまう。実は、この暗殺計画の前にも三成が佐和山城での蟄居を余儀なくされる際にも清興は「佐和山城から軍勢を呼び寄せ、家康邸の風上から放火して、討ち果たすべきである」と進言していたそうである。

③石田三成への諫言
「ただ城下の繁栄に驕って、下々の憂苦を思わず、武具にのみ力を入れて城郭を構築しても、徳と礼儀がなければ甚だ危うい」

島清興は、石田三成の良いところも悪いところも客観視しており、三成は仕事は有能ではあるものの、人の扱いや人付き合いが下手で、人の気持ちを慮った指示を出すことが苦手で、横柄に見える態度が鼻につくところがある点を懸念していたようだ。上に立つ者は目の前の結果だけを見て満足して、下の者の努力や苦労に思いを巡らせずに新しい仕事に目を向けていては、信頼は得られない。いずれは下の者の仕事への意欲や姿勢にも影響を及ぼし、問題が起きることに繋がるという意味である。

 

まとめ

石田三成の有能な右腕として、豊臣秀吉にも語られた島清興は、生年も容貌も詳細な活躍も不明な点が多く、最期も関ケ原での戦死説や生存説等諸説ある。

当時、方々から出仕を望まれていたとされる割には、関ヶ原の合戦前の功績等も含め、謎多き武将である。関ヶ原開戦の直前に島津豊久に対して、「若い頃は武田信玄に仕官し山県昌景の下で家康が敗走するのを追った」と語ったという(『天元実記』)。が、島氏は大和国の在地土豪で筒井氏に長年仕えており、裏付けとなる資料も他にないので、真偽は不明。

いずれにせよ有能だったの間違いないだろう。

-歴史

Copyright© たいらblog , 2021 All Rights Reserved.