歴史

今川義元を支えた『太原雪斎』は、戦国時代を代表する黒衣の名軍配者。

『太原雪斎』は、戦国時代の武将、政治家で今川義元の教育係を務めた人物である。内政・外交・軍事に敏腕を発揮して、今川家の全盛期を築き上げた。

『太原雪斎』といえば、武田家の「山本勘助」、羽柴家の「竹中重治」と「黒田孝高」、上杉家の「直江兼続」、伊達家の「片倉景綱」などと同様に軍師というイメージが強い。

しかし実際には軍師という役職は存在せず、当時は軍配者と呼ばれていた。軍配者は政治や軍事の機をはかったり、御家の進路を主君に進言するほか、死者の弔いも司ったというから僧侶出身の『太原雪斎』は、正に名軍配者といえる。

 

 

略伝

太原 雪斎(たいげん せっさい、1496年~1555年11月23日、享年:60歳)は、別名を九英承菊、太原崇孚といい、室町時代から戦国時代にかけて活躍した武将、政治家である。静岡県静岡市辺りで生まれ、駿河長慶寺にて没した。主君は今川義元である。

1496年:生誕
1509年頃:出家
1536年5月:今川義元の還俗に伴い補佐役となる
1536年6月:花倉の乱
1547年:田原城攻め
1542年、1548年:小豆坂の戦い
1554年:甲相駿三国同盟
1555年11月23日:没

(出典 Wikipedia)

 

 

功績とエピソード

①今川義元の教育係
駿河の国主である今川氏親は、家臣・庵原佐衛門尉の子である九英承菊(太原雪斎の出家時の名前)が禅寺で修行を積んでおり、非常に優れた人物であるという噂を耳にし、五男・方菊丸(後の今川義元)の養育係を依頼すべく雪斎の修行先である京都の寺に使者を出した。

しかし、雪斎は当初は二度辞退するも、再三の要請を受けてついに受諾し、駿河に帰参した。二人は、駿河の富士山麓にある善得院(現在の臨済寺)に居住し、雪斎は幼少期の義元へ教育を授けることとなった。当時の今川家中では、義元の同腹の兄である今川氏輝が家督を継ぐ予定見込みであったことから、義元はわずか6歳にして仏門に入ることとなったのである。善得寺で雪斎は兵法をはじめ様々な学問や知識を授けたとされている。また、二人は京都にも度々赴き、五山にて学ぶとともに、公家との交流も広めたと伝わっている。

②花倉の乱
今川義元の父である氏親が没し、長男である氏輝が家督を相続するも、24歳で嫡男がいないまま急死してしまう。加えて、同日には次男である彦五郎も相次いで死去したことで、今川家の後継者争いが勃発するのであった。

候補となったのは義元の異母兄である同じく出家していた三男・玄広恵探と五男である義元。雪斎は義元に家督を継がせるべく、直ちに多数派工作を行うことで恵探派を孤立させ、恵探の滞在している花倉城に総攻撃を仕掛けたところ、恵探は花倉城を支えきれず脱出した先にて手自刃して果てた。

この通称・花倉の乱に際して、雪斎は、関東の北条氏綱の援助を取り付けること成功したため、義元が勝利でき今川家の家督を継ぐことに繋がったとされている。勝利した義元は駿府の今川館に入り、還俗して以後は義元と名乗り、今川家の11代目当主となった。ますます義元からの信頼が厚くなった雪斎は、今川家の執政・参謀役として、政治や軍事の最高顧問として重用されることとなる。

③外交の名手
太原雪斎は甲斐の武田信虎(信玄の父)との関係改善に務めて、信虎の長女を今川義元の正室に迎えることに成功している。加えて、武田晴信(後の信玄)に対して、今川家の遠縁にあたる京都の公卿・三条公頼の娘である三条の方の輿入れにも尽力したことで、甲駿同盟を成立に一役買っている。

尚、武田との関係を深めることに反発した相模の北条氏綱が駿河東部に侵攻したたことで一時今川家は領地の1/4を失うことになってしまった。しかし、関東管領である上杉憲政をたきつけて、武田とともに挑んだことで、後に河東の領土を取り戻すことにも成功している。

④小豆坂の戦い
領地の西にあたる尾張の織田信秀(信長の父)から三河が狙われていたことで、岡崎城主である松平広忠(家康の父)が今川家に救援を要請した。広忠は竹千代(のちの徳川家康)を人質として差し出すことを条件に、今川家より全面的な支援を獲得するに至った。

今川家では竹千代を人質として預かる予定であったものの、信秀は松平家の家臣を買収して、今川家に人質に出されたはずの竹千代は捕縛され尾張へと連れ去られてしまった。

そこで、雪斎は小豆坂の戦いにおいては今川軍を指揮して、三河安祥城主である織田信広(信長の兄)を攻めて捕虜とした。信広を捕虜としたことで、信秀と交渉をして、織田家に奪われていた人質の竹千代との人質交換を持ち掛けて、当初の約定通り竹千代を今川家で預かることに成功したのであった。この雪斎と竹千代の出会いが後の天下統一の一因になったように思う。山岡荘八の徳川家康ではそのように描かれている。

⑤甲相駿三国同盟
甲斐の武田家、相模の北条家、駿河の今川家の三勢力の間に結ばれた和平協定は、それぞれの本拠地の頭文字をとり、甲相駿三国同盟と呼ばれる。後の世では各当主が会合したというのは疑わしいとの見方もあるが、会合の場所にちなんで「善徳寺の会盟」と呼ばれることもある。

当時の当主である武田晴信、北条氏康、今川義元の三人は、領地が隣接していることから関係が深く、それぞれの家では二者間での同盟は度々結んでいたものの、父の武田信虎、北条氏綱、今川氏親の代から対立と協力を繰り返す関係性にあった。しかし、当代になり情勢は変化していたのである。

武田家は、甲斐を統一したことで隣国である信濃への侵攻の本格化するためには、信濃の勢力を支援する越後の長尾景虎(後の上杉謙信)との激化する抗争に集中したいという思惑があった。

また、北条家はで、元来の目的であった関東統一に向けて東への領土拡大を目指していたことに加えて、関東の扇谷上杉家・山内上杉家等の諸大名との戦いを有利にするためには武田・今川両家を味方にすることで背後に敵を配置しない関係性を構築しておきたいという考えがあった。

今川家としては、自領の東を治める北条家と敵対しており、さらに西には衝突を起こした尾張の織田家という両側に敵対者がいる状況であったことから、これ以上の衝突は避けたいという想いを抱えていた。

こうして三者の利害が一致したことから、太原雪斎が中心となって同盟を働きかけ、互いの不可侵も兼ねた同盟が締結とされることとなったのである。武田家は太平洋に進出できない、北条家は上洛の道が塞がれたという不利益があった一方で、今川家にとっては上洛が楽になるという利点もあった。

関係を強固なものとするにあたっては、義元の娘を信玄の嫡男である義信に嫁がせ、信玄の娘を氏康の嫡男である氏政に、氏康の娘は義元の嫡男・氏真にそれぞれ嫁がせることで互いに姻戚としての関係を強化した。

 

 

逸話、評価

①幼少期
雪斎は駿河国の豪族である庵原(いはら)氏の一族に生を受ける。母は水軍を率いた横山城主・興津正信の娘であり、両親の家ともに今川家の譜代の家臣の環境で育った。

14歳で出家し、善得院(後の臨済寺)にて修業を積み、後には京都五山の一つである建仁寺に移っている。

②人物像
黒衣の宰相とも呼ばれる雪斎は、武田家の軍学書である「甲陽軍鑑」の中で、武田家の家臣・山本勘助から「今川家には雪斎が欠かせない」と評されている。また、徳川家康も「義元は雪斎と話し合って両国経営しているので家老の威権が弱い。雪斎が亡くなれば国政は整わないだろう」と評したと伝わっている。このように、雪斎は著名な戦国武将にも高い評価を受ける今川家になくてはならぬ存在だったようである。

③今川仮名目録の改定
義元は今川家の分国法である「今川仮名目録33か条」に追加として21条を制定している。これには雪斎の貢献も大きかったと伝わっている。今川仮名目録は、同盟関係にあった武田家の「甲州法度次第」にも影響を与えたと言われている。

また、雪斎は僧侶としての立場から領内の寺社や宗教を統制することで商人を保護する商業政策を進めている。加えて、中国の史書の印刷を進めることで、今川領土の教育水準の向上にも携わり、今川家の興隆に貢献している。

④家康の教育係
松平竹千代(後の家康)は今川家での人質時代に善得寺に入り、今川義元が幼い時に教えを受けたように、雪斎もしくはその弟子による英才教育を受けたと伝わっている。

後世では、雪斎に直接教えを受けていないという説が有力ではあるものの、雪斎の教育方針に基づいた育成がされたことが、後の大成に繋がったとされている。

⑤晩年
太原雪斎は後に妙心寺35世に就任している。雪斎は東海地方の臨済宗妙心寺派の拡大に寄与し、今川氏輝の菩提寺である臨済寺を建立し自ら住持となっている。加えて、興津の清見寺、富士の善得寺の住持も兼ね、僧侶としての務めを果たしている。享年60歳で駿河の長慶寺にて人生の幕を閉じた。

 

 

まとめ

今川義元と二人三脚で駿河の国の今川家を盛り立てた太原雪斎。その活躍により今川義元が当主を務めた時代の今川家は東国屈指の強国として知られていた。しかし、雪斎の死後は、今川家も没落の一途を辿った。

歴史にタラレバはつきものだが、雪斎があと10年生きていて、1560年の桶狭間の戦い時に存命であれば義元の討ち死にはもちろん織田家に負けることもなかったのではないだろうか。

討ち死にした義元はあの世で雪斎和尚に説教されたのか。そういう想像が尽きない。

 

-歴史

Copyright© たいらblog , 2022 All Rights Reserved.