ゲーム

『Nintendo Switch Lite』のフィルム、ケース、カバー、マイクロSDカードの話。

10月29日(木)に発売された「真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTER」をプレイするために「Nintendo Switch Lite」を購入しました。(2003年2月20日に発売された「真・女神転生III-NOCTURNE」のリマスター版)

その際に「据え置きか携帯か?」、「フィルムやケースは?」で悩んだので参考までに私がどうしたか?を残したいと思います。

 

 

SwitchとSwitch Liteはドチラを買うべきか?

価格はSwitchが32,978円、Switch Liteが21,978円です。
そもそもSwitchは抽選(2020年10月現在)でしか買えませんが、私はSwitch Liteを選択しました。

理由は下記です。
Switchだとテレビが観れない → Lv上げなどはTVを観ながらプレイすることがあります
移動時に持ち歩きたい → 月に1度は泊まりの出張があります

ネットをみると操作性が悪い、おじさんには文字が小さくて見えないという情報がありましたが、30時間ほどプレイした感想として、いずれも私は気になりませんでした。

もしかしたら「信長の野望」系はキツイかもしれません。なぜならば文字が小さすぎて見難いというレビューがされていたソフトでPS3でもきつかったことがあります。あくまでも「真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTER」をプレイする分には問題ないという感想です。

なお「真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTER」はPS4版かSwitch版かを選ぶ必要があったのですが、
・SwitchはLiteにより携帯が可能
・真・女神転生ⅤがSwitchで発売予定
・ファイアーエムブレムシリーズ※が任天堂の商品
という理由からSwitch版を選択しました。

※女神転生、ファイアーエムブレム、信長の野望、三国志、ドラクエが主にプレイしたいソフト

 

 

持ちやすいプロテクターはどれだろう?

このカバーはSwitch Liteそのものをカバーするプロテクターです。3DSの際も同様のソフトカバーを着けていたので、コチラを選びました。

何気にスティックカバーが便利です。

「switch liteカバー 任天堂 スイッチライト ケース Nintendo シリコン素材 ソフトカバー 柔らかい 一体式 全面保護 耐衝撃 特殊ハンドル 薄型軽量 快適な手触り 着脱簡単 防水防塵 スタンド機能 スティックカバー4つ付き」
価格は1,280円です。

装着したまま充電が出来、滑らないのでグリップ感もよいです。注意点として布団や毛布に接触すると毛がつきやすいです。以前3DSでしたが、布団に置いたままにしたいたら毛だらけになりました。しかし、ゴムなので外して水で流して綺麗になりました。レビューでも「毛がつくので嫌だ」というネガティブな意見がありましたが、私は3DS時の経験から問題ないと判断しました。

装着して30時間ほどプレイしましたが満足しています。

 

 

大人が持つのに相応しいシンプルなケースは?

シンプルでソフトカバーを着けたままでも収納できそうという理由でコチラを選びました。

「iHosok Nintendo Switch lite 対応 ハードケース スイッチライト ポータブル 撥水表面 ゲーム 8枚収納 ジョイコン 全面保護 ブラック」 価格は1,880円です。

商品説明の画像から収納できるような紹介がされていたのでカバーを装着していても大丈夫だろうという予想でしたが、結果として大丈夫でした。

凹凸があるフォルムなどは全く気に入っていませんが人に見せるモノではないので、まぁいいかという感じです。使用に問題はないのでレビューをするなら☆4つになると思いますが、今回購入したアクセサリーの中で唯一気に入っていません(^^;

なおAmazonレビューの中には製品独特の匂いが臭いという記載もありましたが、私としてはよくある新品の製品臭で気になりませんでした。

 

 

一番の悩みどころ「フィルム」は選択肢も多い

これはめちゃくちゃ悩みました。Amazonや価格com、YouTubeやブログを観まくって吟味しました。
私の条件は、下記です。
・画面ギリギリまでカバーできる大きさ → 大きさが足りないと溝に埃がたまる
・ブルーライトカット → 少しでも目に優しさを。
・ガラスフィルム → 以前にiPhoneを落とした際にガラスが守ってくれたので心強い

上記よりコチラを選びました。

「DEFF Nintendo Switch Lite用 ARコート&ブルーライトカットタイプBKS−NSLB3AF PBSWLガラスフィルムARコート」
価格は2,170円です。

画面ギリギリまで大きさがあるものは貼りにくいというネガティブな情報がありましたが、私はプロに貼ってもらうつもりだったのでココは気にしていませんでした。ここ3年程は携帯電話もゲームもフィルム貼りは有料でプロに貼ってもらっています。

プロに貼ってもらうにあたって「Switch Lite」のフィルム貼りサービスについて調査したので、その情報を記載します。

ヨドバシ → ヨドバシで買わないと貼ってくれません。(サービスセンター確認済)
ヤマダ電機 → 現在はサービスをやっていないと言われました。(新宿西口店)
ビックカメラ → 店舗によりますがサービスあり

ということでビックカメラ西口店で貼ってもらうことにしました。注意点としてビックカメラで購入した場合は失敗の保証がされますが、ビックカメラ以外で購入した場合は保証されないようです。フィルムを購入したレシートの提出が必要です。なお携帯電話のフィルム貼りはココ1年で3回やってますが全てヨドバシカメラ新宿西口店でやってもらいました。受付の方が日本人ではないためコミュニケーションが円滑ではありませんでしたが、クォリティには満足しています。

見難いかもしれまえんが、気泡やズレが一切ない完璧な出来でした。

 

斜めですがビックカメラの壁にあった料金表です。「Switch Lite」は3DSと同じなのか550円でした。

なおビックカメラのフィルムコーナーにはフィルムを手に取ってみれるよう複数の種類がぶら下げてあります。実際に合わせてみてサイズがどうかを確認することができます。(下記画像中央の青い見本シールのフィルム)

 

余談ですが、最近は貼るフィルムではなく塗るタイプのフィルムが出ていますね。貼ってもらう際のカウンターに広告がありました。価格は3,000円程度と高額でしたが、空気が入ったりズレたりという失敗はないですし良さそうでした。次回は検討したいと思っています。

 

 

情報過多でフィルム同様に悩みまくったマイクロSDカード

ネットでYouTubeやブログなどのまとめサイトやランキングをみましたが、どれも一長一短で決めきれませんでした。

例えばブログで絶賛されていてもAmazonレビューでは不具合で動かなくなったと叩かれていたりするからです。私は悩んだ結果コチラに決めました。

「【任天堂ライセンス商品】マイクロSDカード256GB for Nintendo Switch【Nintendo Switch対応】」
価格は16,982円です。

決め手は
・容量の大きさ
・任天堂ライセンス商品
これだけです。価格などを鑑みると他の商品で良いものが沢山ありましたが、不具合を考えるとライセンス商品が一番マシか?と思ったわけです。

結果として今のところは問題なく動いています。

 

 

まとめ

携帯電話やゲーム機を購入すると毎回ついて回るのが周辺機器の購入問題です。幸い充電についてはタイプCでスマホと同じだったため購入不要でしたが、その他はすべて買い揃えました。

ケースやメモリーカードはともかく、フィルムは常に目にする場所にあるので空気が入ったり、埃が入ったり、ズレたりするとモヤモヤしてモチベーションが下がります。

私の場合は、画面をカバーしきる大きさのガラスフィルムを購入し、貼るのはプロに任せることで解決しました。

記載の内容が一つでも参考になれば嬉しく思います。

 

-ゲーム

Copyright© たいらblog , 2022 All Rights Reserved.