ランキング

永遠に残る名曲が多数『Mr.Children』の私選ランキングトップ15の話。

初めて聴いたのは、ミュージックステーションで披露した「innocent world」だったと思います。ナチュラルにエコーがかかったかのような不思議な声に惹き込まれました。

その後、出せば大ヒット、CMソングやドラマの主題歌になりまくるという売れっぷりで、30年近くも日本のトップクラスを走り続けていますね。

そんな『Mr.Children』の数多ある名曲の中から私選のランキングを作成しました。

 

私選ランキングトップ15

人によってはどれも1位というような名曲ばかりだと思います。もし上手に歌えたらカッコいいですよね。ちなみに私は歌がまるでダメで歌えません。

 

 

第15位:君がいた夏

1992年8月21日発売。

 

 

第14位:名もなき詩

1996年2月5日発売。

 

 

第13位:雨のち晴れ

1994年9月発売のアルバム「Atomic Heart」の10曲目。

 

 

第12位:HANABI

2008年9月3日発売。

 

 

第11位:終わりなき旅

1998年10月21日発売。

 

 

第10位:彩り

2007年3月14日発売。

 

 

第9位:innocent world

1994年6月1日発売。初めて聴いたミスチルの曲です。

 

 

第8位:Cross Road

1993年11月10日発売。ドラマ「同窓会」の主題歌でした。

 

 

第7位:Over

1994年9月発売のアルバム「Atomic Heart」の12曲目。顔の割に小さな胸ってだいぶ悪口ですね(笑)

 

 

第6位:旅立ちの唄

2007年10月31日発売。映画「恋空」の主題歌、NTT東日本のCM曲となりました。

 

 

第5位:GIFT

2008年7月30日発売。NHK北京オリンピック・パラリンピック放送のテーマ曲。さらに資生堂「MAQuillAGE」のCM曲にもなりました。

 

 

第4位:しるし

2006年11月15日発売。ドラマ「14才の母」の主題歌でした。

 

 

第3位:Tomorrow never knows

1994年11月10日発売。この曲を聴くと「若者のすべて」が浮かびます。ドラマとマッチしてカッコよ過ぎですね。サビへ向かって盛り上がっていく曲調はたまらないです。

 

 

第2位:365日

2010年12月1日発売のアルバム「SENSE」の5曲目。NTT東日本・NTT西日本CM曲になりました。珠玉のバラードの一つです。

 

 

第1位:抱きしめたい

1992年12月1日発売。私の中での世界一位のバラード曲です。

 

 

まとめ

曲のカッコよさだけで選ぶと「Tomorrow never knows」が1位です。お気に入りの曲、聴いた回数でいうと今回の順位になります。

「抱きしめたい」は曲も歌詞も珠玉中の珠玉だと思っています。全てが素晴らしいのですが、特に「終わった恋の心の傷跡は~」の部分、「忘れてやしないよ、心配しないで~」の部分、「もしも君が泣きたいくらいに~」の部分は、どんな脳ミソだったらこんな歌詞が書けるのか?と未だに思います。

たぶん今後もベスト3までは動かないですね。名曲揃いの『Mr.Children』の私選ランキングトップ15でした。

 

-ランキング

Copyright© たいらblog , 2021 All Rights Reserved.