映画

おすすめ映画『ツナグ』は、会えない人と1度だけ会える物語。

映画『ツナグ』をご紹介します。

映画『ツナグ』は生者と死者を一夜だけ再会させる仲介人生者『ツナグ』と様々な理由でもう一度だけでも会いたいと願う二人を再開させる物語です。

心温まるファンタジー映画で、おすすめです。

3月29日に志村けんさんが亡くなられたという報道が30日午前にありました。この映画のような出来事が起こるのであれば、志村さんに会いたいと思う方は大勢いるのではないかと思います。

私はというと、
小学三年生の時に亡くなった母方の祖父に会いたいと思います。なぜならばお葬式の際に棺に皆で白い菊の花を入れる場面があったのですが当時の私は余りのも幼く無知で馬鹿だった為、亡くなった=幽霊=怖いという恐怖心から何をしてを怒らず可愛がってくれたおじいちゃんのご遺体に恐怖しビビりながら半ば投げ入れるかのような入れ方をしてしまったのです。

あれから30年ほどが経ちますが未だに後悔していますし時折思い出して悲しく申し訳ない気持ちになります。もう一度会ってあの時のことを謝り、幼くお礼なども言ったことがなかったのでしっかりとお礼も伝えたいと思います。

もう一人(というか一匹)は私が22歳の時に亡くなった飼い犬の『くま』に会いたいと思います。ソフトバンクのお父さんにそっくりな白い雑種犬です。友人の家の犬が子供産みすぎたためもらってくれないか?ということで引き取りました。

3匹生まれ、残りの2匹は母親と同じビーグルのような模様の犬でしたが、『くま』だけでは真っ白でした。きっとお父さんにだったのだと思います。『くま』というのは母親が白熊に似ているという理由からつけた名前です。

若い時に犬を飼っていた父親と母親は生き物を飼うことの大変さ、大事さ、人間より早くに寿命が尽きるため必ずくる別れを経験していて飼うことにずっと反対でした。

私は黙って連れてきて妹と一緒にだだをこね飼うことを許してもらいました。余談ですがその際に1度返してこいと言われ暴風雨の中、自転車で胸元に入れた状態で返しにいったため、大人になっても雨と傘を怖がるようになってしまいました。

なぜ会いたいかというと22歳の時に心臓の病気で亡くなったからです。13歳で飼い始めて22歳で亡くなったので9年ですね。短すぎました。今ならネットや様々な力で名医に合わせて治すことが出来るかもしれません。

本当に後悔しています。寂しがり屋で後半の3年ほどは室内で飼っていました。私たちがごはんの時は普段は廊下にいるのですが食卓があるリビングぎりぎりまでやってきて物欲しそうにお座りをしてじーーーーっとこちらを見る食いしん坊でした。

その食いしん坊の『くま』が病気で食べられなくなり、最後は骨が浮き出るほど痩せてしまいました。朝方亡くなったのですが前夜から力なく鳴き続ける『くま』を母親がひざの上に抱き一晩中付き添っていました。

今でも忘れられませんが朝方に一度大きな声で吠えて、何事かと下に降りたら亡くなっていました。再開できたら思い切りなでて思い切り大好物を食べさせたいと思っています。

 

概要

『ツナグ』は、辻村深月のベストセラー。

監督は『ROOKIES -卒業-』の平川雄一朗、主演は松坂桃李、主題歌はJUJUのありがとう、上映時間は129分、2012年10月6日公開の作品。
使者(ツナグ)の役割を引き継いだ青年の葛藤とツナグの仲介を願う3組6人の再会の物語を描くファンタジードラマ。なお アイドルの心得のエピソードはカットされている。

全国306スクリーンで公開された本作は、2012年10月6、7、8日の初日2日間で2億9,281万5,500円、動員24万1,686人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となり、更に公開第2週の土・日曜は興収1億4,274万5,800円、動員は11万7,830人(累計興収6億4,596万5,600円、累計動員54万8,132人)になり映画観客動員ランキング第1位を獲得した。

(出典:Wikipedia)

 

あらすじ

男子高校生の渋谷歩美(松坂桃李)は、生者と死者を一夜だけ再会させる仲介人「ツナグ」としての仕事を祖母アイ子から引き継ぐことになる。ツナグ見習い中の歩美の元へ、亡き母との再会を望む中年男性、親友を亡くした女子高校生、失踪した恋人を捜す男性が訪ねてくる。

 

みどころ

感動系の世にも奇妙な物語のような内容です。依頼者それぞれにドラマがあり、「ツナグ」を通して会いたかった人と再会することで成長したり、新たな道に進んだりします。

主要登場人物の中には、お亡くなりになられた方もいるので今見ると更に感動しそうです。

残念ながら現在はプライム対象ではありませんが、Amazonプライムビデオで400円でレンタルすることが出来ます。(2020年9月22日時点)

ご興味がりましたらぜひ観て頂けますと幸いです。

 

Amazonプライムビデオを観る

 

 

-映画

Copyright© たいらblog , 2022 All Rights Reserved.