ランキング

神曲揃い『L'Arc〜en〜Ciel』の私選ランキングトップ35の話。

1991年結成の4人組ロックバンド。グループ名はフランス語で虹を意味するらしいです。

メンバー4人の方向性がバラバラでアルバム毎に雰囲気が違うのに違和感ないという奇跡のバンドですね。1998年付近のリリース頻度、ヒット具合は半端じゃなかったです。活動停止期間に作成していた部分もあるとは思いますが、3週連続など驚くようなスパンでリリースしながら、どれもが名曲でヒットするという無双状態でした。

 

 

私選ランキングトップ35

名曲ばかりで選ぶのに頭が痛くなった私選トップランキング35です。

 

35位:Blame


1994年7月14日発売「Tierra」の3曲目。

 

 

34位:眠りによせて


1994年7月1日発売のメジャーデビュー曲。なおこのシングルはビデオシングルという異例の手法でした。

 

 

33位:SEVENTH HEAVEN


2007年5月30日発売。

 

 

32位:Lies and Truth


1996年11月21日発売。

 

 

31位:forbidden lover


1998年10月14日発売。

 

 

30位:fate


1998年2月25日発売。

 

 

29位:Cureless


1995年9月1日発売。

 

 

28位:White Feathers


1994年7月14日発売「Tierra」の10曲目。幻想的かつ神秘的な名曲。

 

 

27位:HONEY


1998年7月8日発売。

 

 

26位:虹


1997年10月17日発売。活動再開後の初シングル。

 

 

25位:All Dead


1994年7月14日発売「Tierra」の2曲目。

 

 

24位:風の行方


1994年7月14日発売「Tierra」の8曲目。

 

 

23位:As if in a dream


1993年4月10日発売「DUNE」の9曲目。

 

 

22位:Pieces


1999年6月2日発売。

 

 

21位:LOVE FLIES


1999年10月27日発売。

 

 

20位:叙情詩


2005年5月18日発売。

 

 

19位:Butterfly's Sleep


1999年7月1日発売の「ark」の7曲目。

 

 

18位:夏の憂鬱


1995年10月21日発売。

 

 

17位:winter fall


1998年1月28日発売。yukihiroさんが正式に加入して初のシングル。

 

 

16位:Blurry Eyes


1994年10月21日発売。ビデオではなくシングル形式としてはメジャー1作目となる曲。MVのhydeさんが美しすぎる名曲。

 

 

15位:Link


2005年7月20日発売。

 

 

14位:花葬


1998年7月8日発売。タイトルも曲もカッコよすぎです。

 

 

13位:sell my soul


1999年7月1日発売。

 

 

12位:shout at the devil


1998年2月25日発売。

 

 

11位:snow drop


1998年10月7日発売。MVも曲も歌詞も綺麗すぎる。

 

 

10位:DIVE TO BLUE


1998年3月25日発売。イントロが美しすぎる。「何もかもが堕ちてくけど君だけは大人にならないで」ってフレーズが特に印象的です。

 

 

9位:READY STEADY GO


2004年2月4日発売。

 

 

8位:風にきえないで


1996年7月8日発売。

 

 

7位:Vivid Colors


1995年7月6日発売。「どれだけ離れたなら忘れられるだろう」ってフレーズは、耳に残る超フレーズです。

 

 

6位:Driver's High


1999年8月11日発売。アルバム「ark」からのシングルカット。

 

 

5位:浸食 lose control


1998年7月8日発売。『L'Arc〜en〜Ciel』は、綺麗でカッコいい曲が得意で凄いと思いきや、ダークで妖しい曲もすげー!!となった思い出の曲です。

 

 

4位:the Fourth Avenue Cafe


2006年8月30日発売の29thシングル。るろ剣のエンディングテーマでシングルとして発売される予定もあった幻の7thシングルでもあります。

 

 

3位:瞳の住人


2004年3月3日発売。

 

 

2位:あなた


1998年2月25日発売のアルバム「HEART」の10曲目で大トリに相応しい神曲。前奏、歌詞、曲どれも至高。最初に聴いたときは鳥肌がたちまくった曲です。

 

 

1位:flower


1996年10月17日発売。「彩やかな風に誘われても 夢中で君を追いかけているよ」、「いくつもの種をあの丘へ浮かべて きれいな花を敷きつめてあげる 早く 見つけて 見つけて ここにいるから 起こされるのを待ってるのに」の歌詞がとにかく凄過ぎです。女性のコーラスも美声過ぎてヤバいですね。

 

 

まとめ

大学時代に一番仲が良かった友達が和歌山出身でバンドをやっていて、hydeさんの地元の昔話をよく聴いていました。

『L'Arc〜en〜Ciel』の真骨頂は、野太い声で歌う箇所があるダークな曲だと思っていますが、バラード最高、リズミカルでテンション上がる曲も最高で非の打ち所がないですね。『L'Arc〜en〜Ciel』を最も聴いていたのは16歳~20歳くらいで、1位のflowerと2位のあなた、そして6位のDriver's Highは特に何度も聴きました。高校1年生の時は片想いも相まってflowerが刺さりまくっていましたね。

それから20年弱が経ち、今回の私選ランキング作成にあたり全曲を聴き返しました。結果、他の順位は結構変動(HONEYなどは特に)しているのですが、やはりこの1位、2位は変わりませんでした。一応順位はつけていますが、正直いうと11位~35位は全て11位といっても良いくらいです。

名曲ばかりの私選で選びながら悩ましくて頭が痛くなった『L'Arc〜en〜Ciel』のランキングトップ35でした。

 

-ランキング

Copyright© たいらblog , 2021 All Rights Reserved.