漫画

【ネタバレ】シューマッハ?『行け!稲中卓球部』似たような事があった話。

何度も読み返した『行け!稲中卓球部』の名シーンをご紹介します。

ネタバレですので抵抗がある方はスルー頂けますと幸いです。

ご紹介する名場面とは、前野が近所の子供を集めて悪さをしているシーンです。単行本は12巻となります。

行け!稲中卓球部12巻の試し読みはコチラ

①親戚に家庭教師を頼まれた岩下。子供に将来の夢を聴くと「悪魔」との回答。

②どうやら集会なるものがある様子。いけにえがないと見放されるらしい。

③私がイケニエになるという岩下。悪がきを懲らしめに行きます。

④ミハーーーイルシューマッハーーー

⑤いつも通りレアカードやゲームを徴収する前野。岩下に気づきテンパる。

⑥退治された前野。

④のミハーイルシューマッハーと⑤の「オレの最もプライベートな世界に!?」は大爆笑でした。

さらに当初、私は「ミハーイルシューマッハー」の意味が分かっておらず、作者が考えた呪文と思っていました。後でわかったときは「そういう使い方があったか!さすが古谷先生!」と驚愕しました(笑)確かに、それらしく言うとそれっぽくなりますね。

 

行け!稲中卓球部12巻の試し読みはコチラ

少しずれますが似たような私の話。

私が小学校低学年の時です。近所の小学5年生が私たちチビっ子を集めて北斗の拳ごっこやドラゴンボールごっこをしていました。

その際に私達ちびっ子は基本ザコ役で小学5年の子がいつもケンシロウやゴクウでした。おやつを持ってくるとかの理由で気に入られているチビっ子はクリリンとかトキを任せられていましたね(笑)

当時は鬼ごっこ等々何をするのもその小学5年生の許可が必要でまさに王国でした。ところがその5年生の同級生である何人かがたまたま私たちがいつも遊んでいる公園(船公園まだあるかな?)にきて遊び場をとられてしまいました。

私たちチビっ子はケンシロウ役のリーダーに助けを求めましたが、わかりやすーいパシリでした。

同級生に相手にされてなかったから近所の年下にイバッてたんですね。

そんな昔のことも思い出したこのシーンは繰り返し読んだ爆笑の名シーンです。

 

-漫画

Copyright© たいらblog , 2022 All Rights Reserved.