歴史

三英傑に重用された名参謀『黒田孝高』は、戦国屈指の名参謀で名外交官。

竹中重治(竹中半兵衛)と共に両兵衛(ニ兵衛)と称えられた黒田孝高(黒田官兵衛)は、私が日本の歴史の中で最も好きな名将だ。私の地元である福岡の藩祖であり、英雄「秀吉」に仕えて秀吉の天下取りに尽力した黒田孝高は戦国屈指の名将だと思っている。(※両兵衛:共に戦った期間は短いため、後に呼ばれたと言われている)

最近では、岡田准一さん主演で大河ドラマにもなったので歴史に興味がなかった方も知っている人が増えているのではないだろうか。

才能を高く買われ重用されたのと同じくらい警戒もされていた『黒田孝高』について調べてみた。

 

 

略伝

姓名:黒田 孝高(くろだ よしたか)
別名:官兵衛、小官、黒官、如水
洗礼名:シメオン
時代:戦国時代~江戸時代前期
生没年月日:1546年12月22日~1604年4月19日(享年:59歳)
生まれ:滋賀県 長浜市 木之本町 黒田?
官位:従五位下、勘解由次官、贈従三位
主君:小寺政職→織田信長→豊臣秀吉→秀頼→徳川家康

略年表
1546年12月22日:生誕
1575年:主君・小寺政職に織田氏への臣従を進言
1576年:英賀合戦
1578年:有岡城の戦い(荒木村重の謀反)
1582年:備中高松城攻略、本能寺の変
1583年:賤ヶ岳の戦い、キリスト教へ入信
1584年:小牧・長久手の戦い
1585年:四国攻め
1587年:豊前国の国主となる
1589年5月:家督を嫡男の長政に譲り、秀吉の側近業務に専念
1590年:小田原征伐
1598年8月:豊臣秀吉が死去
1600年:関ヶ原の戦い
1604年4月19日:没

(出典:Wikipedia)

黒田孝高は、戦国時代から江戸時代前期に活躍した大名。22歳で姫路城の城主となり小寺家の家老となる。織田か毛利かを選択する際に織田へつくのをすすめた孝高。その後、軍事的才能を見出され、豊臣秀吉の側近となる。調略や他大名との交渉など、幅広い活躍をする。戦国の三英傑に重用され筑前国福岡藩の祖となった。

 

 

功績とエピソード

①若年期
黒田孝高は、黒田職隆(もとたか)の嫡男として生まれた。孝高の父・職隆は西播磨地域の大名・小寺家の家臣も務めた重臣であり、黒田家は姫路で城代を務めていた。孝高も小寺家に仕え、「小寺孝高」と名乗っていた時期もある。また、母方の祖父は、関白・近衛家にも歌道を教えたとされるほどの文化人であり、叔父の黒田休夢は秀吉の茶会に招かれていた茶人という環境であったため、歌や茶などにも親しむ環境だったようである。

小寺政職に仕えて後は、青山・土器山の戦いにて、赤松政秀軍は約3,000人の兵力に対し姫路城主の孝高率いる軍勢はわずか300人ほど臨み勝利した。織田信長が勢力を拡大し中国地方に攻め入ろうとしていた頃、信長の将来性を見込んだ孝高は主君を説得し、小寺家は織田家に臣従するよう進言した。当時の小寺家は、西には毛利家、東には赤松家を通じて播磨支配を進めていた織田家という双方向からの脅威にさらされていた。

いずれにつくか話し合うも、孝高だけが織田家を支持している状態で、他の重臣は織田方につくことに難色を示していた。結果的には織田家への臣従が決まったものの、誰も信長のもとに行きたがらぬため、孝高自身がこの役を引き受けることになった。

秀吉の取り次ぎにより信長に謁見した孝高は、播磨の情勢などについて聞かれ意見を述べてたことを受け、孝高の能力を認めた信長は、彼を気に入って名刀「圧切長谷部(へしきりはせべ)」を授けたというエピソードも伝わっている。

 

②荒木村重の謀反と幽閉
信長に突如反旗を翻した荒木村重を有岡城まで説得しに向かった黒田孝高はそのまま1578年7月頃~1579年10月までの約1年3ヵ月あまりも幽閉されてしまう。有岡城における長い幽閉生活と劣悪な環境のせいで、救出された時には足腰が立たなくなっており、顔に醜い瘡が残ったと伝えられている。

以降は、足に深刻な障害が残ったため歩行時には杖をつき、移動時には輿を用いたと言われている。黒田家の家紋(獄窓藤花の瑞祥)として藤巴が用いられるきっかけとなったのは、この幽閉時に土牢の窓から見えた藤の花に心を慰められて生きる希望を見出したことからであるのエピソードも残っている。

 

③天下統一を支える
黒田孝高は、織田家臣となった後は、秀吉のもとで仕え、備中高松城の水攻め、中国大返し、四国攻め、九州攻め、小田原合戦など多くの戦で戦略を屈指して活躍し、豊臣秀吉の天下統一を支えた人物である。

中国方面の軍事司令を任されていた秀吉は、播磨平定後に毛利家を討つべく備中高松城を目指す。この城は沼地に囲まれた攻略困難な城であったが、孝高は水没させるという前代未聞の水攻めを進言して成功させた。

また、本能寺の変で信長の死を知った折には、秀吉に対して毛利家との和睦をまとめて速やかに明智光秀を討つことを進言。この「中国大返し」と呼ばれる行軍により、信長の仇を討つことができたため、秀吉が天下人となる路が拓けたとも言われている。

 

④名外交官
小寺家の織田家への臣従以後も、孝高の機転と外交での有能な働きは度々発揮されている。備前の大名・宇喜多直家を味方につけたことや、北条家との調停も孝高の成果である。ルイス・フロイス『日本史』にも孝高が外交面で優れた人物であったことを裏付ける一節がある。「関白(秀吉)の顧問をつとめる一人の貴人がいた。彼は優れた才能の持主であり、それがために万人の尊敬を集めていた。山口の国主(毛利輝元)との間の和平は、この人物を通じて成立したのであり、彼は播磨に非常に多くの封禄を有している」と。

 

⑤晩年
家督を譲った後にも、小田原討伐や朝鮮出兵、関ヶ原の戦いなど戦乱の世を生き抜いてきた黒田孝高であったが、最期は京都伏見藩邸での穏やかなものであった。死の間際、ロザリオを持ってくるよう命じ、胸の上に置いて息を引き取ったと言う。孝高の葬儀は、仏教形式で行われた後、改めてキリスト教形式で行われたと伝えられている。

辞世の句 「おもひおく 言の葉なくて つひにゆく みちはまよわじ なるにまかせて」

 

 

逸話、伝説、評価

①人物像
黒田孝高はキリシタン大名でもあり、シメオンという洗礼名を持ち、死に際してはキリスト教への寄付も遺言のひとつとして残している。また、倹約家としても知られており、つづらや着物はたとえ穴が開いても繕って使い続けるよう命じたというエピソードや、野菜の皮は厚く切って漬物を作らせたり、魚の骨で吸い物に作らせたり、本来捨てる部分も余すところなく使用するよう下知したという逸話も残っている。孝高が倹約家であったのは、使うべきときに使うためであったとも言われており、「金銀を用いるべき事に用いなければ、石瓦と同じである」という言葉も残している。

 

②秀吉との関係
本能寺の変後に、豊臣秀吉が速やかに行動を起こせたのは黒田孝高のお陰であると伝わっている。本能寺の変の知らせを受け、取り乱す豊臣秀吉に対して孝高は、「御運が開かれる機会が参りましたな」と言ったという。豊臣秀吉はその真意をすぐに悟って行動に移したが、以降は孝高を警戒したという。ただし、最近では後世の作り話との説もある。

同じく創作として伝わっている話として、秀吉が居並ぶ諸将に「ワシ以外で天下をとるのは誰だと思うか?」と聴いたやりとりが残っている。諸将は「伊達か?上杉か?いや・・」と悩むが秀吉は「官兵衛じゃ」と言ったというのである。諸将が「あの者にそんな力がありますか?」と不信がると秀吉は「あやつはその気になれば、今すぐにでも天下取りができる」と言い、諸将は何も言えなくなったという。

また、『名将言行録』には「秀吉、常に世に怖しきものは徳川と黒田なり。然れども、徳川は温和なる人なり。黒田の瘡天窓(孝高のあだ名)は何にとも心を許し難きものなりと言はれしとぞ」と書かれている。秀吉が豊臣政権を安定させる上で、最も警戒していたのは孝高であった。秀吉の警戒している様を耳にした孝高は、黒田家の安泰のために出家したとも伝わっている。

 

③孝高と長政
抜け目のない黒田孝高に比べて、跡継ぎである長政は実直な性格であったと言われている。「家康殿が関ヶ原での勝利は私のおかげだと手を握って感謝をしてくれました」と報告する長政に対して、「その時お前のもう片方の手は何をしていた?」と問うたのだとか。あっけにとられる長政に対して、孝高は重ねて言う。「空いた手で家康を討っていれば今頃は黒田の天下になっていた」と。これも後の世のフィクションとの見方もあるものの、孝高の特性や父子の違いが垣間見える逸話ではなかろうか。

 

④築城の才能
黒田孝高は、築城の名手としても知られている。居住した妻鹿城、中津城、福岡城の他にも、姫路城、大坂城、讃岐高松城、石垣山城、名護屋城、広島城など主要な築城に携わり助言を行ったとの記録が残っている。同じく築城の名手として名高い加藤清正からも「自分の城は3~4日で落城するが、(孝高がプロデュースした)福岡城は30~40日は落ちない」孝高の腕は高く評価されていたという逸話も残っている。

 

⑤名言
文化人としても知られる黒田孝高は、数々の名言を残している。九州を統治するにあたっては、代々治めていた姫路と異なり、民衆からの反発も受けるなど苦労したこと。生涯の中で人を動かす役割が多かったことをしのばせる言葉である。

「神明の罰より、主君の罰おそるべし、主君の罰より、臣下万民の罰おそるべし。その故は、神明の罰は、祈りて免れるべし。主君の罰は、詫びて赦しを受くべし。ただ、臣下万民に疎んぜられては、祈りても詫びても免れがたし。かならず国家を失うにいたる、最も恐るべし」

「天下に最も多きは人なり。最も少なきも人なり(天下に最も多いのは人間ではあるが、最も少ないといえるのは有能な人材である)」

 

軍師と軍配者

日本で軍師と呼ばれてまず思い浮かべるのは、「竹中重治」と「黒田孝高」ではないだろうか。その他、武田信玄に仕え大河ドラマの主人公にもなった「山本勘助」、伊達政宗の側近る「片倉景綱」、上杉謙信の配下「宇佐美定行」、上杉景勝の配下で大河ドラマの主人公にもなった「直江兼続」、今川義元の教育係でもあった「太原雪斎」、石田三成を支えた「島清興」(島左近)三成は島清興を招くにあたり、当時の自身の禄高の半分である二万石という破格の条件を出している。このように軍師という立場には数多くの名将が名を連ねる。

しかし、戦国時代に軍師という言葉はなく軍師と呼ばれる人は存在していなかったことが分かっている。

古来より武将は縁起を担ぎ、有能な武将ほど、用意周到に戦へ挑んでいた。実は戦の日時や出陣のタイミングを決める手段として軍配者という存在が重宝されていた。そしてこの軍配者が、日本の戦国時代における軍師の位置づけになるのだ。軍配者は、天文学や陰陽道などの占術、兵法や統計といった学術を用いて「縁起の良い日」や「縁起の良い方角」などを導き出し、主君にアドバイスすることだった。

これは江戸時代に流行した軍記物語が発端となっている。徳川幕府は儒学者との結びつきを強めた。そして儒学者が理想の家臣として称えていたのが、三国志で天才軍師として描かれている諸葛孔明だった。この儒学思想と江戸時代の軍学(古来の兵法をもとに戦略や戦術を研究する学問)が繋がって様々軍記物語が誕生する。

そして軍学や軍記物語の説得力を増すために影響力の武器で有名な権威を用いた。具体的には有名な武将の名前を次々に取り入れて納得感を強めていった権威を示した。そうして名前があがった武将たちが英雄のように描かれ、組織No2として必要不可欠な軍師という立場が出来上がったのだ。その後も説得力を増すため、話を面白くするために誇張されていった武将の像が世間に定着していったのである。

ちなみに軍配者の役割を担っていた人物で有名なのは、軍師でも名前をあげた「太原雪斎」、名将島津義久の家臣「川田義朗」、毛利家に仕えた「安国寺恵瓊」、大友宗麟の家臣「角隈石宗」、北条氏三代の家臣で秀吉や家康にも仕えた「板部岡江雪斎」が有名である。本来の役割である天文学や陰陽道などの占術、兵法や統計といった学術を用いて物事の「吉凶」を主君にアドバイスし、不吉な兆候があればお祓いや厄払いも行い、また、外交に重宝された人物。その他、合戦で家臣や兵士らが討ち取ってきた首を主君や大将が実験(首実験)したあと、死者が怨霊にならないよう首を弔う儀式も軍配者が行っていた。

(参考:軍師黒田官兵衛を知る「戦国武将と軍配者」歴史群像デジタルアーカイブス)

 

まとめ

大人気歴史シュミレーションゲーム「信長の野望」プレイ時に、私が最優先で配下にすべく動く名将だ。私は信長でプレイするので黒田孝高がいる播磨の大名小寺家までは遠い。それでも一直線に攻めていき、父である黒田職隆を配下にしてまた進んだ道を戻るということを武将風雲録以降、ずっとやっている。黒田職隆を配下にしたあとは、伸びきった戦線を維持できないので播磨、京、近江などは一旦捨てる。それほど「信長の野望」をプレイするにあたっての優先事項に黒田孝高を配下にするということをおいている。

黒田孝高が好きな私としては、関ヶ原での孝高VS家康を見たかったという思いが強い。本能寺の変後の行動や関ヶ原後の息子への叱責など有能過ぎて警戒されるも、警戒度が高すぎる余り、粛清ではなく遠ざけれた黒田孝高は戦国屈指の強さを持つ名将だったといえる。

-歴史

Copyright© たいらblog , 2022 All Rights Reserved.