歴史

家康の天敵『真田昌幸』は、真田家を戦国大名として雄飛させた智謀の名将。

歴史シュミレーションゲーム「信長の野望」シリーズをプレイする際、私は必ず織田信長でプレイするが、その際に必ず配下にしたい武将の一人が、この『真田昌幸』だ。本人が非常に優秀なだけでなく息子2人も優秀で非の打ち所がない。配下にするには武田を滅亡させる必要があるので簡単ではないが、難しいからこそ配下に出来た際の喜びは大きい。

昌幸の上田城の合戦、息子の信繫の大坂の陣といい真田家は徳川にとっての妖刀村正なのかもしれない。戦国トップクラスの謀将『真田昌幸』について調べてみた。

 

略伝

真田昌幸。生没年は天文十六年(千五百四十七年)から慶長十六年(千六百十一年)。父である真田幸隆が武田信玄に仕えていた事により、昌幸も幼少時から武田家に仕える。信玄亡き後も信玄の子である勝頼に仕える。

その後、長篠の戦いで二人の兄を失い、それによって真田家の家督を継ぐ事になる。やがて、勝頼は織田勢によって滅ぼされるが、それを期に昌幸は戦国大名として独立。その後は本能寺の変によって乱れた状況の中を巧みな戦術と外交術で乗り切り、ついには、豊臣秀吉の下にて大名として安堵される。

だが、豊臣家は秀吉死後に徳川家と対立し、やがて、関ヶ原の戦いが起こる。戦いに敗北した豊臣家は没落。関ヶ原の戦いで徳川家に敵対した昌幸も九度山へ配流され、その地にて没した。

 

功績とエピソード

①「我が両眼の如き者」。武田信玄に寵愛される
真田昌幸と言えば老人の姿を思い浮かべる事が多いかもしれない。なぜなら、現代に残っている肖像画が老人である事に加え、昌幸の名が優れた兵法家として天下へ轟いたのは晩年の活躍によるからだ。とは言え、昌幸の才能は若い時からすでに見出されていた。

昌幸は武田信玄に仕える真田幸隆の三男として生まれた。幼い昌幸は武田家の人質になったが、やがて、第四次川中島の合戦に出陣し、本陣の守備を任されたとも言われている。その働きが信玄によって多いに評価された事で、昌幸は信玄の母の一族である名門武藤氏の養子になった。

信玄は昌幸を「我が両眼の如き者」と呼んで厚く信任していたと言われる。昌幸は対北条戦にも参加し、相模三増峠(さがみみませとうげ)の戦いでは一番槍の功名を得たと言われている。また、足軽大将にまで出世している。

 

②長篠の悲劇。兄たちを失い、代わりに真田家の当主となる
武田信玄は上洛を果たすために西へ向かって進軍を開始し、三方ヶ原の戦いにて徳川軍を撃破するも、その途上にて病死してしまう。後を継いだ勝頼は、やがて、織田・徳川連合軍と長篠にて決戦するも大敗を喫する。

この戦いで有力な武将らが相次いで命を落とし、昌幸の兄二人も戦死してしまった。そのため、昌幸は武藤家から離れて真田家の当主としての道を歩む事になる。以後、武田家は急激に没落していき、ついには、勝頼が織田勢によって討ち取られる事によって、武田家は滅亡してしまった。

 

③外交の大立ち回り。戦国大名への道を歩み始める
主家が滅んでしまったため、昌幸は独自の判断で戦国の世を生き抜いていく事になる。だが、当時、昌幸が治めていた僅かな領土の周囲には歴々たる大名がひしめいて覇を競っていた。

西には織田家、北には上杉家、東には北条家、南には徳川家。どこを向いても真田家単独で相手をするには勢力が巨大すぎる。これらの大名のうち、いずれかに従うのが賢明だと言えた。この状況下で、昌幸の慧眼(けいがん)が選んだのは織田信長だった。信長は昌幸を受け入れ、その領土は滝川一益が治める事になった。織田家は日の出の勢いであり、徳川家も織田家の古くからの同盟者だ。こうして、真田家の未来は安泰になったように思われた。

しかし、ここで本能寺の変が起こり、信長が明智光秀によって討たれてしまう。そのため、旧武田領にいた織田家の家臣らはたちまち撤退していき、昌幸の上司だった滝川一益も北条家との戦に大敗してしまい本国へ撤退。後に残った旧織田家の領土を廻って天正壬午(てんしょうじんご)の乱が発生する。

つまり、北の上杉と、東の北条と、南の徳川の三大名による苛烈な争奪戦が発生してしまったのだ。その只中に元々は武田の一家臣に過ぎない真田家が存在している。並の武将で無くとも、この状況で独立を保つのは至難の業だろう。だが、昌幸の動きは周到かつ大胆だった。昌幸は旧武田家の家臣と接触して彼らを家臣として取り立て、さらに、沼田城や名胡桃(なぐるみ)城ほか、元々支配していた八つの城を奪還して勢力を回復。

その後、昌幸はひとまず北条家に従うが、やがて、北条は昌幸の領土へ圧力を掛けてくる。そのためもあってか、昌幸は領土を大幅に加増する条件で徳川家に鞍替えして防備を固めた。北条は報復のような形で真田へ攻めてくるが、昌幸の軍勢は北条に領土を侵させない。こうして、昌幸は諸大名の間を次々に飛び回って侵攻を封じただけでなく、徳川家と破格の条件で誼を(よしみ)結ぶ事に成功したのだ。

 

④第一次上田合戦。わずかな兵で徳川軍を大いに撃破
昌幸は徳川に付いた。しかし、三国争覇の構図は未だ変わらない。その形勢を大いに覆したのが、織田信長の後継者たる羽柴秀吉だ。秀吉は信長を討った光秀を驚異的な速さで討ち滅ぼし、競争相手である柴田勝家を破り、天下人としての地位を固めていた。

そんな秀吉と衝突したのが徳川家康だ。家康は信長の次男である信雄を旗頭として秀吉に挑む事にした。とは言え、徳川としては秀吉と戦っている間に背後を北条に襲われてはたまらない。そのため、北条と和睦する事にしたのだが、和睦の条件の中に、真田家の領土である沼田を北条に譲り渡すと言う条件を勝手に入れてしまった。それが徳川と真田の関係を決定的に破壊する事になる。

結局、徳川と秀吉との間で行われた、小牧・長久手の戦いは、合戦では徳川軍が圧倒的な大軍である秀吉軍を圧倒したものの、秀吉側の交渉により信雄が勝手に和睦してしまったために停戦した。何はともあれ、戦いが終わった所で、徳川方は改めて北条との和睦を進めるために、昌幸に対して沼田を北条に明け渡せと命じてきた。

しかし、昌幸からすれば、今、自分たちが治めている土地は自分たちの力で勝ち取った物であり、徳川から命じられたからと言って易々と差し出せる訳が無い。そもそも、徳川は真田に対する約束の褒美を出さないばかりか、かえって領土を差し出せと要求しているのだから、昌幸としては「ご主君として仕えることができない」と答えるのが当たり前だった。昌幸は徳川を見限り、上杉家に従う事を決め、人質として次男の信繁を上杉へ送った。

かくして、徳川は裏切り者である真田への攻撃を開始した。上田合戦の始まりである。戦力は真田軍が二〇〇〇。対して、徳川軍は七〇〇〇。まともに戦えば勝ち目は無いはずだが、昌幸は計略を以って徳川軍に当たる。まず、昌幸はあえて徳川軍を易々と侵攻させる事で油断を誘った。そのおかげか、徳川軍は城下を焼かずに上田城へ攻め込んできた。城攻めの前には城下を焼いて伏兵を置かれないようにするのが常法なのに、徳川軍は相手を甘くみたせいか、それを怠ったのだ。真田軍は徳川軍に対してわずかに抵抗するも、すぐに散り散りになる。徳川軍は上田城へ迫り、とうとう本丸正面へ到達した。

しかし、彼らが城門の側へ近づいた所で、真田軍が弓や鉄砲によって一斉に牙を剥いた。反撃を受けた徳川軍の先頭は慌てて退こうとしたが、後ろから味方の兵が押し込んでくるので身動きが取れない。それでも撤退しようとする徳川軍を昌幸があらかじめ用意しておいた千鳥掛けの柵がさえぎる。千鳥掛けの柵とは八の字の形かつ互い違いに配置された柵の事であり、入るのは簡単だが、出るのは困難という代物であり、それが徳川軍の動きを封じたのだ。そこへ真田軍の伏兵が現れて攻撃を加える。

真田軍の伏兵は、当初、徳川軍によって散り散りにされた者たちだ。あの時の離散は見せかけの動きであり、実際には各所へ潜んでいたのだ。昌幸は城門を開いて総攻撃を仕掛ける。さらに、城下の農民たちに鬨(とき)の声を上げさせる事で、さも自分たちが徳川軍を包囲しているように見せかけ、さらに、城下へ火を掛けて混乱を煽る。そこへ、あらかじめ籠城させておいた戸石城の真田信之と矢沢城の矢沢頼康が徳川軍の側面へ突入。総崩れに追い込んだ。昌幸による計略につぐ計略が徳川を圧倒したのだ。真田軍はさらに追撃して徳川の兵らを神川にて追い詰めて討ち取っていく。

この戦いにおける真田勢の戦死者はわずか四〇であり、一方、徳川勢の戦死者は一三〇〇にも及んだ。こうして、徳川軍は大いに敗れた。彼らはなおも小諸(こもろ)城へ兵を置いて真田との対峙を止めなかったが、そこで徳川家を代表する武将である石川数正が徳川家を捨てて豊臣家に臣従すると言う大事件が起こった。徳川には激震が走った事だろう。

なぜなら、数正は、一説によると、徳川四天王よりもさらに上位に置かれるほどに崇敬されており、徳川家の軍事のみならず、外交や内政の全てに関わっていた。つまり、徳川家の事は全て数正が知り尽くしているようなものなのだ。家康からすれば敗戦による直接的な被害よりも数正に見放された事の方が痛根だっただろう。事実、数正の出奔を知った徳川軍は突如として真田との戦いを中止して撤退した。今回の戦は、家康からすれば、真田との約束を破った上に領土を奪おうとする不義を行っただけでなく、真田に負け、上杉を敵に回し、北条に対しては面目丸つぶれとなり、さらには、掛け替えの無い側近に見捨てられると言う、悪夢を越えた地獄の経験になってしまったとも言える。ならば、この上田合戦によって、家康が昌幸を徳川家の鬼門と見なすようになったとしても、故無き事では無い。

 

⑤第二次上田合戦。関ヶ原の形勢を大いに傾かせる
上田城の合戦により、昌幸たちは大いに奮戦して徳川家に痛手を負わせたが、立場としては不安定なままだ。結局、昌幸は上杉家に差し出していた次男の信繁を秀吉に対する人質とする事で、秀吉に臣従する事にした。上杉家も秀吉に従い、また、家康もとうとう秀吉に形式上臣従する事にした。また、秀吉軍は南方でも四国の長曾我部家と九州の島津家を制圧。

やがて、北条家も秀吉軍によって滅ぼされ、その際に、奥州の大名である伊達政宗も秀吉に従うために参陣した。ここに羽柴改め豊臣秀吉による天下統一が成った。しかし、秀吉の天下は、その死後、急激に不安定なものになっていく。秀吉によって関東へ転封されていた徳川家康が公然と勢力を拡大し始め、それに対して、秀吉から重用されていた石田三成が諸大名をまとめて討伐の挙に出たのだ。

再び天下が動く! 豊臣家に従っていた昌幸にも決断の時が来る。長男信幸が仕えている徳川方に付くか、次男信繁と縁が深く、また、かつて真田家を保護してくれた豊臣方に付くか。結局、昌幸は信繁と共に豊臣方へ付き、信幸を徳川方へ行かせる事にした。つまり、親兄弟が敵味方に分かれてしまった訳だ。伝承では、この際、犬伏(いぬぶし)と呼ばれる土地にて、親子三人で今度の身の振り方について密談したと言われており、後世、犬伏の別れと呼ばれるようになった。

さて、徳川方は家康が率いる本隊とは別に、家康の息子である秀忠が率いる三万八千の別動隊を用意した。秀忠軍は家康軍とは別の経路で決戦の場である関ヶ原へ進発したのだが、その途中で真田領へ迫ると、上田へ戻っていた昌幸に降伏を勧告した。対して、昌幸は、秀忠に降伏するそぶりを見せて時間稼ぎをした果てに、籠城の準備が出来たので降伏しない、などと述べて、秀忠を挑発した。

この時、真田軍の数は、一説によると、わずか二五〇〇。喧嘩を売られた秀忠が、なにをこしゃくな、ふみつぶしてやる、と思っても不思議では無い。秀忠は真田領へ攻撃を仕掛けてくる。対して、次男信繁は戸石城をあっさり明け渡して上田城へ退却した。しかし、これは敵を油断させる事と、虚空蔵山(こくぞうやま)へ置いてある伏兵を敵に気付かせないための罠だ。真田軍は囮の(おとり)戦闘を行って徳川軍を城下へ引き付けると、そこで伏兵による奇襲を仕掛けた。上田城の城下にある寺は砦のようになっており、そこが戦いの拠点として機能する。

さらに、虚空蔵山の伏兵が秀忠軍を襲撃。上田城の軍勢も射撃を始め、さらに、徳川軍の混乱に乗じて正面から攻撃を開始。徳川軍を分断せしめた。徳川軍は混乱を極めて後退し、神川を渡ろうとした。しかし、その時、せき止められていた堤防の水が昌幸の命により流された。結果、大勢の将兵らが猛烈な川の勢いに呑まれていった。さらに、川の流れが後続の徳川軍を分断して援軍として働けないようにした。これが決定打となり、秀忠軍は大敗。

こうして、真田昌幸の軍略が約十倍もの敵軍を翻弄し、またしても徳川軍を撃退せしめた。その後、秀忠軍は家康からの命により関ヶ原へ向かったが、戦闘開始に間に合わず、三万八千の兵を役に立たないようにしてしまった。もし、豊臣方が戦に勝利すれば、上田にて秀忠軍を充分に引き付けて大打撃を加えた真田昌幸の智謀と軍略は大いに顕彰されたかもしれない。だが、関ヶ原の戦いは、たった一日で、徳川方の勝利が決まってしまった。昌幸は負けずして敗者の立場に落とされた。信幸らによる取りなしによって処刑される事だけは免れたものの、信繁ともども浪人として九度山へ流される事になってしまう。

その際、昌幸は「内府(家康)をこそかようにしてくれようと思っていたのに」と述べつつ涙を流して悔しがったと言われている。かくして、昌幸は九度山へ送られ、約十年もの間、苦しい生活を強いられた末に、息を引き取った。時に慶長一六(千六百十一)年六月四日。享年六五。昌幸の打倒徳川の志は(こころざし)、じきに、次男の信繁が継ぐ事になる。

 

 

逸話、伝説、評価

①「表裏比興の者」と呼ばれる
実は、第一次上田合戦の翌年、家康は真田を再び攻めようと画策していた。当時、秀吉は家康と和解する事を望んでいたので、表向きは徳川による真田の討伐を認めた。そして、上杉景勝に対して、真田の支援を禁止する書状を送った。その中で、秀吉が昌幸の事を「表裏比興者(裏表のある卑怯者)」と評した。それが現代では昌幸の二つ名のように扱われているようだ。これは聞こえの良い肩書きでは無いように思えるが、昌幸の謀略の冴えを示す言葉として捉える事も出来るだろう。

 

②大坂の陣を予言する
昌幸は、死去する少し前に、徳川と豊臣が大阪にて合戦を行う事を予見していたとする伝説がある。それによると、昌幸は九度山にて同居していた信繁に対して、徳川が大阪を攻めた際の秘策を授けたと言う。その内容は、まず、真田が兵を出して関東からの攻めを抑えて時間をかせぐ事で、西国の武将たちが味方に付くのを待つ。その上で、京の二条城などの徳川の拠点を焼いた後、大坂城にて全軍で守りを固める。こうしておれば、徳川は手出しできなくなり、豊臣の味方が増え、それによって徳川方は疑心暗鬼になって戦えなくなるから、そこで決戦を挑めば撤退に追い込む事が出来る、と言うものだ。以上はあくまでも伝説の域を出ない話だが、全く根拠の無い話でも無いらしい。

 

③死せる昌幸、生ける家康を恐れさせる
昌幸の死から三年後の慶長十九(千六百十四)年、昌幸の予言通り、大阪の陣が勃発。昌幸の子である信繁は九度山から脱出して大坂城へ入り、家康に対して反抗の構えを見せた。伝承によると、この知らせを受けた家康は、自ら伝令に会いに行き、部屋の障子を開けたが、その障子をつかんだまま強く握りしめ、伝令に対して、

「大阪に入った真田は、親か子か」

と、問い掛けた。しかし、伝令が、

「大阪に入りたるは、せがれの左衛門佐(さえもんのすけ)(信繁)にございます」

と、答えると、安心の表情を見せたそうだ。家康がこれまで昌幸から味わわされてきた苦渋を思えば、これほどの恐怖あるいは警戒を抱いていたとしても可笑しくないかもしれない。やがて、大阪の陣にて、家康は真田信繁による本陣突撃を受け、その部隊は総崩れとなり、家康自身は馬印を伏せて遁走(とんそう)し、切腹する事すら考え、合わせて三度もの襲撃を受け、ついには三里の先まで逃げ、一説によると、実は、家康は、この時、討ち取られていたとすら言われるほどに追い詰められた。

信繁はついに徳川勢によって討ち取られてしまったが、その優れた軍略と勇猛さにより、「真田日本一の兵、(つわもの)古よりの物語にもこれなき由(よし)(島津忠恒)」と称賛されるに至る。

 

 

まとめ

真田昌幸は稀代の兵法家として独立し、わずかな領土と兵士しか持たぬにも関わらず、錚々たる大名らを相手に見事に立ち回って立身を遂げた。特に、徳川家に対しては軍略を以って大軍を制し続け、その死後に至るまで威名を轟かせた。

あの世で息子「信繫」の奮戦をどのように見ていただろうか。わしならあーするおうするとヤキモキしていたかもしれない。能力がある男が、まだ元気な内に10年もの間、強制的に第一線を退かされることになり、さぞ無念だったと思う。

少ない兵で大軍を退けるという軍略の醍醐味を披露した『真田昌幸』は戦国屈指の名将と言えるだろう。

-歴史

Copyright© たいらblog , 2022 All Rights Reserved.