漫画

漫画『悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ - と、ポチの大冒険-』は5000年生きた賢者の冒険譚。

本作は異世界系ですが転生ではありません。異世界人が異世界で活躍する物語で単行本は6巻まで出ています。ネタバレを含みますので抵抗がある方はご注意ください。

 

「悠久の雫」という賢者の誰もが憧れてやまない秘薬を偶然作って飲んでしまった主人公は不老となってしまいました。(不死ではなく年をとらない)魔法に関して落ちこぼれだった主人公は5000年もの間、殆ど引きこもって魔法の研究に費やし、圧倒的な能力を手にいれます。初級魔法すら人の何倍もかかるほど落ちこぼれでしたが、そこは5000年という時間で高いスキルを手に入れます。

しかし、欲のない主人公は有名になるとか手柄をたてるということではなく、人助けをしながら5000年ぶりに旅をして世の中のことを知とうします。

同じく不老の秘薬を飲んで人語を喋れるようになったポチと共に引きこもっていた拠点を出て冒険をはじめた主人公。行く先々で色々な方と出会い、5000年の研究の成果で人々を驚かせます。

そんな『悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ - と、ポチの大冒険-』をご紹介いたします。

悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ -と、ポチの大冒険-1巻の試し読みはコチラ

 

あらすじ

魔法大学を落第した落ちこぼれの青年アズリー。偶然精製してしまった「悠久の雫」を飲んでしまい、不老の身体を手に入れてしまう。俗世から離れ、ひきこもって魔法・魔術の研究をしていると、いつのまにか5000年も過ぎていて、気が付けば古代魔法の偉人になっていた。アズリー、二度目の青春ライフをエンジョイ・・・!?

(出典:ebookjapan)

 

おすすめポイント

何と言っても5000年を費やした魔法の知識とスキルです。深い知識と高いスキルで現代で名の通った魔法使いを次々に驚かせます。物語は魔物に襲われてピンチだった3人を助けることで動き出します。3人の故郷で魔物の脅威にさらされ消滅の危機にあった村にとどまり、食料や生活環境を改善した主人公。その村で魔法の才能があった少女を魔法大学に入学させるために自らも魔法大学に入ります。5000年前は入れませんでしたが、今は5000年の勉強の成果で首席合格するほどになっていました。それは世界的に有名な賢者たちも驚愕させるほど。使い魔であるポチとの掛け合いも面白ポイントです。学園生活がどうなるか?夢に現れた老人の正体、復活する魔王とは?続きの気になる作品です。

 

悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ -と、ポチの大冒険-1巻の試し読みはコチラ

ご興味を持って頂けたらぜひ読んでみてください。

 

-漫画

Copyright© たいらblog , 2022 All Rights Reserved.