漫画

【少しネタバレ】期待の異世界系漫画『真の実力はギリギリまで隠していようと思う』

『真の実力はギリギリまで隠していようと思う』は、電撃コミックスNEXTで連載中の異世界系漫画です。2021年4月13日に単行本の1巻が発売されました。

異世界系をよく読むのでオススメに出てきたのですが、ebookjapanでは4月23日時点で176件のレビューがあり4.4と高評価です。

その高評価を信じて読んだところ面白かったのでご紹介します。

 

真の実力はギリギリまで隠していようと思う1巻の試し読みはコチラ

 

 

あらすじ

神と契約しスキルを得ることができる世界。生まれた直後に《ゼウス》という名の神と契約してしまったユノは、強すぎる力の制御に精一杯で、いつしか『無能』と呼ばれるようになっていた。しかし、ひょんなことから入学することになった魔法騎士学園で、自分と同じく『無能』と蔑まれる名も無き神との運命の出会いを果たす。その女神と契約し【アテナ】と名付けたユノは、彼女を最高位の神にしようとひそかに決心し、ちょっとだけ本気を出す覚悟を決めるのだった……!人気の王道異世界ファンタジー小説をコミカライズ!!

(出典:ebookjapan)

 

 

ココが面白い

最強神との契約

この世界では無名とされているゼウス(最強神)と契約し、超絶チート能力を持つが、目立つといいことないので無能なふりをしている主人公。少しずつ能力の片鱗をみせていきます。

 

孤高の月との騎士契約

主人公の通う騎士学校は、隣にあるお嬢様学校の生徒とペアを組み、登下校はもちろん授業も一緒にこなすという伝統があります。その中で、主人公は四大貴族の一角でクールビューティのルナの騎士となります。このルナは誰ともペアを組まないと言っていた超ツンデレかつ、騎士学校の超人気ものがこぞってペアを組みたがっていたお嬢様です。しかも頭がよく、主人公がポンコツのふりをしていることを見抜きます。

 

ルナの父親のテスト

嫌がっていた騎士を家に連れてきた娘のルナに対して、そんなどこの馬の骨とも分からない男ではダメだと父親が言います。騎士であり続けるために最弱の執事と戦うことになりますが、この執事は元王国騎士団長で超絶強いおじさんでした。しかし、主人公は勝ってしまいます。晴れてルナの騎士になり、今後は一緒の屋敷で寝泊まりすることになりました。

 

真の実力はギリギリまで隠していようと思う1巻の試し読みはコチラ

まだ1巻しか発売されていませんが、おすすめです。
お時間あればぜひ読んでみてください。

-漫画

Copyright© たいらblog , 2021 All Rights Reserved.