漫画

元パシリのリベンジ物語!漫画『ニトの怠惰な異世界症候群』の話。

転生系の漫画も転生の仕方、転生後の能力や状況など様々なバリエーションが増えました。そういう意味では本作も目新しさはないのですが、何の罪もない高校生が虐げられ、勝手に召喚されたのに罵られ、最弱なのに最強になって復讐するという展開は、続きが気になる作品の仲間入りをしました。

無能なヒーラー職であることが分かった主人公は、意地悪な王国の高貴な女性に一人だけダンジョンへ飛ばされます。そこでポーションのような液体を飲みますが、これはカリン塔の超神水てきな飲み物でした。強力なスキルを手に入れた主人公はLvが500というふざけた強さの魔物も瞬殺します。そしてLv1でLv500を倒したわけですから飛躍的にLvも上がります。

こうして強くなった主人公は見事、ダンジョンを脱出し、リベンジの旅をはじめます。まだ1巻しか出ていませんが、続きが気になる度が、めちゃくちゃ高いおすすめの漫画です。

そんな『ニトの怠惰な異世界症候群 ~最弱職<ヒーラー>なのに最強はチートですか?~』をご紹介いたします。

 

あらすじ

高校生の政宗は、いじめを苦に自殺した直後にクラス全員異世界に転移してしまう。クラスメイトが勇者や賢者、上級騎士という名前だけも強そうな職業であることが分かる中、政宗は最弱の治癒職<ヒーラー>を授かる。転移をさせた異世界人にまで無能とののしられてしまう。さらにクラスメイトが転移者なのに政宗だけ転生者と表記されていることを突っ込まれ、みんなに自殺したこともばらされてしまった。用無しと判断された政宗はクラスメイト、転移させた王国すべてに復讐を誓うが、一人だけ迷宮に飛ばされてしまう。しかし、そこで最強の力を手に入れて・・・。

 

おすすめポイント

・圧倒的なチート能力
・最弱職業と弱そうな見た目

Lvが500を超えるような魔物がいたくらいなので、最終ダンジョン的な場所に飛ばされたのかもしれません。そんな主人公は怪しい液体を飲んで超スキルを手に入れ、格上の魔物を倒すことで飛躍的にレベルアップします。ダンジョンを出る頃には、Lv697、生命力が4万、魔力が3万にまで成長します。これは、その後に出てくるイケメンで達人の雰囲気を醸し出しまくった龍騎士の能力がLv48、生命力3千、魔力2千であることを踏まえると、もはや人間ではない強さです。

元々がいじめられていたので控え目で弱そうに見えてしまいます。その事で舐められることがありますが、それがかえって展開を面白くしています。

最弱から最強になった主人公の今後の展開が超楽しみな漫画です。

 

ニトの怠惰な異世界症候群 ~最弱職<ヒーラー>なのに最強はチートですか?~1巻の試し読みはコチラ

ご興味を持って頂けたらぜひ読んでみてください。

-漫画