漫画

アニメ化と映画化された『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』は、悲しい忍者の戦い。

『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』(バジリスク こうがにんぽうちょう)は、せがわまさきさんによる日本の漫画です。山田風太郎さんの小説『甲賀忍法帖』を原作として作られています。物語は完結しており、単行本は5巻が発売されています。本作はアニメ化された他、「SHINOBI」と題名で映画化もされています。

超人的な技を持つ伊賀と甲賀の忍者たちは徳川にとって天下統一された世の中で停戦協定を結んでいました。そうした平和の中で、互いの頭領の子供である甲賀弦之介と朧は恋に落ち結婚することにします。そんな折に征夷大将軍の家康は、3代目を誰にするか?を甲賀と伊賀の殺し合いで決めると言い出したのです。

戦いたくない甲賀弦之介と朧、元々仲良くするのが嫌だったメンバー、命令に従うだけのメンバー、せっかく忍びに生まれて辛い修行をしたのだから技を試したいメンバーと思いはバラバラです。

恋愛、理不尽な運命、忍法合戦と5巻とは思えない重厚な物語、そんな『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』をご紹介いたします。

 

 

 

あらすじと主要登場人物

あらすじ
甲賀卍谷と伊賀鍔隠れに潜む一族は、ともに服部半蔵に率いられる忍者群同士でありながら、源平の昔より数百年、互いに憎悪を抱く不倶戴天の敵同士でもあった。服部の統制下、両門争闘の禁制によりかろうじて和平を保っていた。そのような中、甲賀組の首領甲賀弾正の孫弦之介と伊賀組の頭目お幻の孫娘朧は恋仲にあり、両家の縁組がすめば長きに亘った甲賀と伊賀の確執も解けるかと思われた。

そんな事情を知ってか知らずか、慶長19年4月末、両首領を駿府城に呼び出した徳川家康と半蔵(2代目)が甲賀・伊賀の忍びに与えた使命は実に戦慄すべきものであった。徳川第3代将軍となる後継者選びに悩んでいた家康は、天海の提言を受け入れ、その選定を甲賀対伊賀の忍法争いによって決めることにしたのだ。

方法はそれぞれから10人ずつの「選手」を出し、最後まで生き残った者が託された巻物を再び家康の前に持ち帰ること。後継者は、伊賀が勝てば竹千代、甲賀が勝てば国千代と決まる。甲賀・伊賀とも選ばれた10人は皆、驚くべき肉体や技を持った者ばかり。そして、その中には祝言間近の弦之介と朧の名もあった…。

開戦直後、まずは伊賀が先手を取り、伝令の甲賀者を殺して、巻物2巻の片方を焼却し残った唯一巻を独占する。副頭領の天膳が指揮を取り、争いを好まぬ朧にはあえて知らせないままとする。こうして甲賀は開戦そのものを知らぬまま、伊賀者の奇襲を受けることになる。 両陣営が何人もの犠牲者を出した後に、開戦の事実がついに甲賀弦之介の知るところとなる。弦之介は家康と半蔵に開戦を解いた理由を問うべしと宣言し、仲間と駿府へと赴くが、伊賀の天膳たちも甲賀一行を追撃して・・・。

 

登場人物
甲賀弦之介(こうが げんのすけ)主人公にして弾正の孫。彼に殺意を帯びて襲いかかった者を自滅させる「瞳術」の使い手。伊賀鍔隠れの朧とは恋人同士であり、甲賀と伊賀が手を取り合う未来を夢見ている。誠実で平和主義者だが、時には次期頭領らしい厳しさや冷酷さを表に出すこともある。最期は弦之介を想って自害した朧を追い、川の中で朧を腕に抱きながら自害。朧と共に川に流れていった。その際に人別帖へ朧の血で伊賀の勝利を記している。映画ではオダギリジョーさんが演じられました。カッコよかったですね。

朧(おぼろ)伊賀のお幻の孫。おっとりした温和な性格で、少しそそっかしいところがある。その性格のせいか忍術も剣術も体術もまったく身に付けることができなかったが、見るだけであらゆる忍法を強制的に破る「破幻の瞳」を生まれつき備えている。弦之介を「弦之介様」と呼び慕っている。甲賀との和睦を望む彼女の姿勢を苦々しく思う者は多いが、その優しい人柄は里の者から愛されている。最期の弦之介との決戦の際には弦之介に愛を呟き、手に持っていた短刀で自害。弦之介の腕に抱かれながら、朧を追って自害した弦之介と共に川に流れていった。映画では仲間由紀恵さんが演じられました。おっとりして争いを好まない朧のイメージはピッタリですね。

薬師寺天膳(やくしじ てんぜん)伊賀の副首領。170年以上も生きているはずだが外見は青年のままで、何度殺されてもその度に蘇る不死の術を持つ。冷酷・卑劣な性格であり、伊賀の勝利のためには手段を選ばない。映画では椎名桔平さんが演じられました。怪しい雰囲気が100点で素晴らしかったです。椎名桔平さんはアウトレイジでも素晴らしい演技でした。

 

(出典:Wikipedia)

 

おすすめポイント

凄まじい忍法合戦
甲賀と伊賀の10人ずつ、合計20人がそれぞれ超人的なスキルをもっています。それぞれの人間関係や力関係も面白いポイントの一つですが、なんと言っても忍法合戦は見応えありです。特に弦之介の瞳術のシーンは圧巻です。

弦之介に対して悪意をもった人間が、この目を見ると自殺するという強力な瞳術。

 

死を恐れない忍び
そもそもが理不尽でふざけた命令にも関わらず、命をかけて戦います。私達現代の人間からすれば、逃げればいいじゃんですが、彼らは逃げません。忍びの修正なのか時代なのか。物語とは言え私は元々家康が好きではないのでこの漫画でより嫌いになりました・・・。

甲賀弦之介と朧は戦いたくないのですが、部下や仲間は次々に命をかけて散っていきます。そんな様々な想いや葛藤も含めて面白い作品です。

バジリスク~甲賀忍法帖~1巻の試し読みはコチラ

ご興味を持って頂けたらぜひ読んでみてください。

-漫画

Copyright© たいらblog , 2022 All Rights Reserved.