漫画

アニメ化もされた漫画『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』の話。

『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』(このゆうしゃがおれツエエエくせにしんちょうすぎる)は、2019年10月から12月までテレビアニメも放送された人気漫画です。連載中で単行本は3巻まで出ています。

タイトルの通りなのですが、召喚された勇者がめちゃくちゃ慎重です。見た目は超イケメン、能力はSSS級にも関わらず慎重すぎるということと対人能力が低いという特徴を持った勇者が活躍する物語です。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーに例えると、この慎重な勇者はギガデインが使えるのにLv1のスライムにさえ慎重に備えます。敵のヒットポイントが0になったあとも追撃でギガデインを放ちまくります。または1度も回復しないでいいような楽勝ダンジョンであっても慎重を期してポーションを1,000個とか買おうとします。

慎重すぎて誰も信用していないので、一般的な勇者ではありえないことですが、子供からもらったお菓子も食べませんし、村人にはとりあえず聖水をかけます(アンデットを疑っているため)

他の殆どの転生ものや異世界ものでは、女神様や神様と会うのは転生時に能力をもらう時、もしくはしばらく経ってから転生の補足などでの登場が基本ですが、本作では主人公の勇者の付き人のような感じです。しかし対人能力が低くドライな勇者にめちゃくちゃ雑に扱われます。

私のお気に入りキャラクターは、セルセウスという剣の神です。筋肉ムキムキのおっさんで威圧感がありますが、強い相手にはビビり、弱い相手には態度が大きくなるという典型的なギャグ要員です。

『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』をご紹介いたします。

 

あらすじ

救済難度S級レベルという極限の世界「ゲアブランデ」を救済することになってしまった新米の女神リスタルテは、イケメンで能力も超チート級の勇者・竜宮院聖哉を召喚する。しかし、聖哉は、十分な強さに反して、慎重過ぎるほど慎重な性格をしており、中々外に出ようとしない。トレーニングにトレーニングを重ねたり、スライム相手でも強力な攻撃魔法で完全に消すまで繰り返し攻撃するほどの用心深さを発揮して、リスタルテを大いに振り回しながらゲアブランデの救済に奔走する。

 

 

おすすめポイント

・敵の奥の手が全く通用しない鬼のような慎重っぷり
・助けてもらった市民も引くほどの念入りな敵への攻撃
・美女女神をぞんざいに扱うギャグなやりとり

次々に現れる敵の中には奥の手があるものや、聖哉が強い所を見せても余裕をみせるなど、苦戦しそうな展開もあるのですが、その度に何倍もの慎重さで準備をしてきた聖哉は余裕で上回って圧倒します。この勇者は精神と時の部屋があったら10年くらい修行しそうです。準備ができたら、レディパーフェクトリーと言って出発するのが口癖ですが最早ギャグに聴こえます。

この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる1巻の試し読みはコチラ

ご興味を持って頂けたらぜひ読んでみてください。

 

-漫画

Copyright© たいらblog , 2022 All Rights Reserved.