歴史

歴史

混迷の五胡十六国時代「前秦」の『苻堅』は民族融和を目指した稀代の名君。

2020年9月22日  

専門的に勉強している人を除けば、中国の五胡十六国時代について詳しい人は少ないのではないだろうか。私も詳しくはない。 名前を聴かれて咄嗟に言えるのは、ここに記載の数名を入れても~10名ほどです。これは司 ...

歴史

三国時代末期に活躍した『羊祜』は、彗星の如く現れた義に厚い名将。

2020年9月18日  

曹操や孔明、五虎大将軍などが不在となった三国は徐々に司馬一族がその勢力を強めていく。 そんな中で司馬家に仕えながら無欲で正義感に溢れ、争いを好まず、民衆を大切にした名将『羊祜』をご紹介します。 &nb ...

歴史

悪党か英雄か?「大楠公」と称えられた『楠木正成』は謎多き武将。

2020年9月8日  

外国の歴史、特に中国史では軍師や参謀という立場の人が多く登場する。しかし日本はどうだろうか?有名なのは豊臣秀吉に仕えた竹中重治、黒田孝高、大河の影響で直江兼続や片倉景綱、宇佐美定満などでしょうか。 し ...

歴史

モンゴル帝国の覇権を支えた『耶律楚材』は政治力100の名補佐役。

2020年9月5日  

KOEI三国志のいにしえ武将で存在を知り、パラメータの高さから興味を持った私は陳舜臣さんの「耶律楚材 上下 草原の夢」を読んだ。 耶律楚材はモンゴル帝国の初代チンギス・ハンに見いだされ、2代目のオゴタ ...

歴史

清の第4代皇帝『康熙帝』は長い中国の歴史の中でも史上最高と名高い屈指の名君。

2020年8月15日( 更新日:2020年9月18日 )  

康熙帝は名君中の名君と言われ、中国皇帝史上最長の61年という長い治世の中で、全く気を緩ませることなく民を率いるリーダーとして清廉潔白であり続けた。 清には黄金期を作った三帝と呼ばれる皇帝がいる。 1人 ...

歴史

隋の初代皇帝『楊堅』は、「開皇の治」と称された治世で国を治めた名君。

2020年7月30日  

隋と言えば2代目皇帝の煬帝(楊広)が有名ですが、その治世が周辺諸国にも影響を与えた、初代皇帝の『楊堅』をご紹介します。   略伝 楊 堅(ようけん)諡号は文帝、廟号は高祖。西暦541年7月2 ...

歴史

南北朝時代「梁」の『陳慶之』は百戦錬磨の勇将。

2020年7月29日( 更新日:2020年7月31日 )  

長い中国の歴史は、その知名度において天と地ほどの差がある。陳慶之が活躍した南北朝時代は余り知名度が高くない。その中の梁といえば尚更である。岳飛伝などの著者である田中芳樹さんが小説『奔流』で描いたことで ...

歴史

負けを覚悟して天下分け目の決戦へ赴いた『大谷吉継』は友情を重んじた名将。

2020年7月28日  

天才信長の下で、草履とりから大名という、とてつもない道のりを実力で駆け上がった秀吉が「大谷紀之介(吉継)に100万の軍勢を与えて、自由に軍配を指揮させてみたい」と語ったというエピソードはあまりにも有名 ...

歴史

五胡十六国時代を代表する名君「苻堅」を支えた『王猛』は時代を代表する名宰相。

2020年7月27日  

長い中国の歴史は小説、漫画、アニメ、ドラマ、映画、ゲームなどの影響で知名度に天と地ほどの差がある。五胡十六国時代はその複雑も相まってか余り知名度が高いとは言えない。 歴史好き、その分野のお仕事や授業を ...

歴史

蘭陵王『高長恭』は、多くの創作に名を残す名将。

2020年7月26日  

魏晋の南北朝時代は優れた君主は殆どいないが名将、勇将は多く存在する。 その中でも中華史上最強の男前『高長恭』は時代を代表する名将と言えるだろう。 日本の雅楽「蘭陵王」にも歌われている名将をご紹介する。 ...

Copyright© たいらblog , 2021 All Rights Reserved.