歴史

歴史

秦を滅ぼした『項羽』は、圧倒的な統率力と武勇で君臨した中国史上最強の覇王。

2021年5月6日  

その圧倒的な武勇、圧倒的な統率力で秦を攻め滅ぼし、楚漢戦争を戦った『項羽』は、長い中国の歴史の中でもトップクラスの武勇を誇る。 「大漢風 項羽と劉邦」で『項羽』を演じた胡軍(フー・ジュン)さんは、「レ ...

歴史

食客を集め秦の野望をくじいた『信陵君』は、人を大切にした戦国の貴公子。

2021年4月5日  

漫画『キングダム』にて李牧が連合軍を率いて秦に攻め入った際に、旗印として軍に加わったのが、戦国四君の一人であった楚の春申君(黄歇)である。その戦国四君の中で最も優れ、実際に連合軍を指揮し、秦を撃退した ...

歴史

大国相手に無双した『楽毅』は、多くの名将がお手本にした戦国時代の無敵将軍。

2021年3月5日  

大人気漫画「キングダム」では、伝説の大将軍として描かれ、三国志演義の天才軍師「諸葛孔明」が尊敬した『楽毅』は、中国史を代表する名将である。 故事「まず隗より始めよ」にて、名君「昭王」と出会い、五か国も ...

歴史

春秋五覇の一人『荘王』は、逸話を多く持つ楚国第一の名君。

2021年2月16日  

数々の逸話を持ち、優れた手腕で覇者となった楚の『荘王』は、その歴代君主の中でも最高の名君と言われている。その『荘王』の充電時代に命をかけて諫言したのは「伍挙」といい、「屍に鞭を打つ」の故事で有名な伍子 ...

歴史

廉頗と共に趙国の大黒柱『藺相如』は、智勇を兼ね備えた烈士。

2021年2月8日  

大人気漫画「キングダム」では、主人公達が活躍している時代の1世代前の人物として描かれ、智勇兼備の将として伝説的なエピソードや趙の三大天で大将軍「廉頗」との交わりが紹介されている。 藺相如といえば、まず ...

歴史

戦国時代屈指のリベンジ『范雎』は、平民から秦の宰相まで出世した苦労人。

2021年2月3日  

平民から超大国「秦」の宰相まで上り詰め、キングダムでも大活躍した蔡沢に地位を譲って引退した『范雎』は、知略だけでなく処世術にも優れた賢人であった。 小説「史記」、横山光輝先生の漫画「史記」で『范雎』の ...

歴史

唐の太宗李世民が、信頼した大豪傑『尉遅敬徳』は、神勇と呼ばれた武神。

2021年1月19日  

長い中華の歴史の中で名君は誰か?という問いに必ず名前があがるのが、唐の太宗「李世民」である。その他、後漢の光武帝「劉秀」、北宋の太祖「趙巨胤」、清の聖祖「愛新覚羅玄燁」(康熙帝)等は、同様に必ずあがっ ...

歴史

三英傑が称賛した『本多忠勝』は、名槍「蜻蛉切」を持つ徳川家最強の武将。

2020年11月29日  

本多忠勝は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将、大名で豊臣秀吉ら多くの諸侯からも称賛された戦国時代を代表する豪傑である。 徳川四天王・徳川十六神将・徳川三傑の一人でもある。KOEIの戦国無双では、 ...

歴史

三成に過ぎたる者『島清興』は、時代を代表する有能な右腕。

2020年11月23日  

島清興、島勝猛、島左近と呼び名があるが、個人的には島左近という呼び名が一番有名ではないだろうかと思う。「北斗の拳」の作者である原哲夫さんの漫画「影武者徳川家康」、「影武者徳川家康外伝 SAKON-戦国 ...

歴史

戦国屈指の人気者『伊達政宗』は、独眼竜として有名な奥州の英雄。

2020年11月8日  

歴史に興味を持ち始めたのは小学5年生くらいからだが、当時「学研まんが人物日本史」の『伊達政宗』を繰り返し読んでいた。当然今より格段に知識はなかったが、若いのに強大な豊臣秀吉に対抗しようとしたりする物語 ...

Copyright© たいらblog , 2021 All Rights Reserved.