漫画

伝説のフェンリルと旅をする『とんでもスキルで異世界放浪メシ』は、おすすめグルメ冒険譚。

『とんでもスキルで異世界放浪メシ』は、連載中で単行本は6巻出ています。また外伝的な物語の「とんでもスキルで異世界放浪メシ スイの大冒険」も連載中で4巻が発売されています。(いずれも2020年10月時点)

異世界召喚された平凡なサラリーマンの向田剛志は、召喚した王様に不安を感じて国外に逃げます。召喚時に取得したスキル「ネットスーパー」は、現代のネット通販と同じで様々なものを買うことができるため、それを利用して商品として平和に生きようと考えていました。しかし国外脱出してから間もなく、護衛についてくれていた冒険者達に「生姜焼き」を振舞っていた所、伝説の魔獣であるフェンリルが匂いにつられてやってきます。

このフェンリルが食いしん坊で、従魔になってやるから飯を食わせろと言ったのがキッカケで「異世界を放浪してメシ」を作りまくることになります。平和に生きたい主人公の向田、飯が食べたいだけのフェンリルですが、世界中で災害とされているような強力な魔物ほど美味しいため、各地で人を救ったりすることになります。

絵や見せ方がうまく、魔物で作った料理も美味しそうに見える不思議。作中に唐揚げが出てくれば唐揚げ、生姜焼きが出てくれば生姜焼きが食べたくなります。単行本は6巻ですが、元の小説は9巻出ており、既に仲間になっているフェンリルのフェル、スライムのスイの他にも強力な魔物が仲間になるようですね。

激しいバトルや国を救う冒険譚というわけではなく、ただ平和に過ごした主人公と食いしん坊たちの冒険ですが、ドハマり間違いなしのおすすめ漫画です。そんな『とんでもスキルで異世界放浪メシ』(とんでもスキルでいせかいほうろうメシ)をご紹介いたします。

 

あらすじ

料理が趣味のごく平凡なサラリーマン向田剛志(ムコーダ)は、勇者召喚によって3人の少年少女たちと共に、異世界「レイセヘル王国」に召喚されてしまう。(貴族しか名字がないと知りムコーダと名乗ることにした)

しかし、チート級の戦闘スキルと魔法を備えた「勇者」と鑑定された少年たちとは異なり、ムコーダは「巻き込まれた異世界人」と鑑定されてしまう。だが、ムコーダの固有スキル 「ネットスーパー」は、お金を支払うことで元の世界から様々な商品を取り寄せできる上に、元の世界の食材を食べると「ステータスが一定時間アップする」というチート能力を秘めていた。 助けてほしいと言いながら身に着けているものが贅沢品で溢れてる国王をみて不安を覚えたムコーダは、早々に国外脱出を決意し、冒険者たちを雇って隣国に旅立つ。

その道中で、ムコーダの作った生姜焼きの匂いにつられてきた伝説の魔獣フェンリルに遭遇。料理の美味しさから、なかば強制的に従魔契約を結ばされることになったムコーダは、その魔獣にフェルと名付ける。それ以降、食いしん坊のフェルに飯をたかられながら、隣国レオンハルト王国への旅を続ける。その後、捨てるわけにもいかず困っていた現代のゴミを溶かすことができる癒し系スライムのスイを従魔に加え、ムコーダ一行は今日も色々と周囲を巻き込んでいく。

(出典:Wikipedia)

 

主要キャラクター

ムコーダ
勇者召喚に巻き込まれた日本人で本名は、向田剛志(むこうだ つよし)ですが、作中では貴族しか苗字を持っていないという事で、「ムコーダ」とされます。一緒に召喚された勇者たちが高い能力を得たのに対し、ステータスは一般人よりもちょっと強い程度、保有スキルも「ネットスーパー」のみで戦闘スキルを全く持たなかったため役立たず扱い。派手な王様に不安を感じて、自立を申し出て国外に出ることにしました。隣国へ移動中、ネットスーパーで購入した食材や調味料で料理をしていたところフェンリルに嗅ぎつけられたことがキッカケで従魔契約をしてフェルと名付けます。 固有スキル「ネットスーパー」で得た食材で調理した料理を食べると、ステータスが時間制限付きで上昇します。

フェル
伝説の魔獣とされるフェンリル。ムコーダの最初の従魔。風の女神ニンリルの眷属。1014歳。人間の前に姿を表すのは300年ぶりというぐらいの激レア種で、またその強さも「一匹で国を滅ぼせる」ほど際立っています。ムコーダと「自分で食べる分は自分で捕ってくる」という約束をしているのだが、バトルジャンキーであり、魔物の集落を丸ごと全滅させたり、フェルでも簡単には倒せないキマイラからドラゴンまで狩ってきてしまうので、ギルドに解体作業を頼むムコーダは頭を抱えることもしばしば。

スイ
スライム。ムコーダの二体目の従魔。スピンオフ漫画「スイの大冒険」の主人公。スライムは基本的に何でも食べると聞き、ネットスーパーで出た異世界のゴミを食わせていたらいつの間にか従魔契約が成立していました。水魔法による水供給、回復薬生成、鍛冶等戦闘以外でも役立つ便利な子であるが、フェルに感化され始めており、若干バトルジャンキーになりつつあります。スライムなのでバカにされることもありますが、その強さはフェンリルのフェルもたまに褒めるほど。ビームを無邪気にビュンビュン出して〇〇します。普段はムコーダの鞄の中に入っており、甘えん坊な性格なのでムコーダからは溺愛されています。なおスピンオフ漫画の「スイの大冒険」では、基本的に街中でのスイのワンパクな日常が描かれており、本編の3倍くらいゆるーい物語となっています。

 

自由な女神たち

自ら見込んだ者に加護を与えて眷属としますが、それには百年程、間を空ける必要があります。加護を与えられた対象は与えられた加護に関係する属性の能力が飛躍的にアップします。しかし、ヤンチャな女神たちは掟を守らず怒られることもあるようです。

ニンリル
風の女神。ワガママで自由な女神。元々加護を与えていたフェルを通じて下界を見ていたところ、ムコーダの力を知り、ムコーダに加護を与える代わりにスイーツを貢ぐように神託?を与えます。基本的にムコーダ以外を見下して傲慢な態度をとっているフェルですが、女神たちには従順な態度や言動をしています。

キシャール
土の女神。大人なお姉さまタイプですがヒステリックな一面も持っています。風の女神ニンリルが、ムコーダに貢ぎ物をたかっていたところを目撃し、それを他の女神に教えて次のお供えの際に乱入。ムコーダに土魔法の素質があるということで加護を与え、自分にも貢物をするように神託?を与えます。最初はニンリル同様にスイーツを希望していましたが、後に美容品にハマっていきます。

アグニ
火の女神。体育会系で元気なタイプ。土の女神キシャールに教えられてお供えの際に乱入。ムコーダに火魔法の素質があるということで加護を与え、貢物をもらうようになります。当初は他の酒好きの神への露見を恐れて異世界の甘味を希望したが、後に異世界のビールにハマっていきます。

ルサールカ
水の女神。物静かで理性的。土の女神キシャールに教えられてお供えの際に乱入。ムコーダに水魔法の適性がなかったため自分だけ貢物がもらえないと泣きだしてしまう。その際は他の女神全員がテンパりながら慰めていた。女神たちに「何とかしろ」と無茶ぶりされたムコーダは、スイに水魔法の素質があることに気づき、スイに加護をくださいと頼みます。他の女神と違って加護を連発していなかったため「加護 小」ではなくフェルと同じく通常の「加護」を与えます。ニンリルと同様に異世界の甘味を希望し、主に洋菓子にハマっていきます。加護を与えたスイを気に入っており、たまに観察しています。

 

おすすめポイント

美味しそうなごはん
唐揚げ、生姜焼き、ステーキ、タルタル、丼ぶりなどが登場していますが、どれも美味しそうに見えます。フェルたちの喰いっぷりがいいのも手伝って読んでいるとお腹が空いてきます。様々な食材や魔物をどう料理して、どう食べるのかも本作の魅力です。

強力な従魔たち
そこそこの冒険者が、魔王と魔王軍の四天王を引き連れて冒険をしているような勢いです。一国丸ごとでも勝てないフェンリルのフェルとスライムとは思えない強さのスイは各地で無双します。本人たちは暴れたい&ムコーダのご飯が食べたいという理由で魔物を退治していますが、それは人間にしてみれば救ってもらったことになったり、莫大な懸賞金を手に入れることになったりします。今後も強力なキャラクターが仲間になるようですので楽しみです。

加護を連発する女神たち
女神様とは思えない自由な発言の女神たち。スイーツが食べたい、お酒が飲みたい、シャンプーが欲しいと好き勝手にいいます。女神たちがいる世界は食べ物も娯楽も少なく、ムコーダがネットスーパーで手に入れるものは欲しくてたまらないものばかりのようです。

本作は、連載中の漫画の中でもベスト10に入る先が楽しみな作品です。戦闘シーンはありますが、バトルメインではないのでゆるく楽しめると思います。

とんでもスキルで異世界放浪メシ1巻の試し読みはコチラ

ご興味を持って頂けたらぜひ読んでみてください。

-漫画

Copyright© たいらblog , 2022 All Rights Reserved.